539: 名無しさん :2017/09/23(土) 21:47:32
久しぶりに覗いてみたらまだガンダムネタが続いててびっくり
ということでちょっといいことあってテンション上がったまんまの勢いで予告ネタ?のようなものを投下


予告ネタ

人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった。

だが時代が経過するにつれ、宇宙に住むスペースノイドたちの間では地球連邦の統治に対する不満が高まっていた。
その中でも地球から最も遠い月の裏に位置するコロニーであるサイド3『ムンゾ』に宇宙移民者の自治権確立を目的とした元地球連邦議員ジオン・ズム・ダイクンが移住。

そして移住の翌年にサイド3の首相に就任。着々と体制を整え遂に宇宙世紀0058年、『ムンゾ自治共和国』の成立および地球連邦からの独立を宣言。
その様子はサイド3だけでなく、各コロニーや月面都市群、そして地球上の各国でも大々的に報道されていた。



同時刻、地球連邦構成国である日本の首都東京の某所で行われている夢幻会の会合。
そこに設置された大画面の8Kテレビに流れるダイクンの共和国説設立宣言を見ながら、各々が会話を交わしていた。


「ふーむ、原作ではあまり触れられていなかった部分だが、ファンとしては実際に観ていると感慨深いものがあるな」

「それにやはり大ニュースになってますね。連邦政府も大わらわだそうです」

「そりゃそうでしょう。本人たちは独立だの革命だの浮かれていても、連邦にとっては立派な反逆行為ですからね」

「なるほど、歴史の目撃者というわけだな」

「んな悠長なこと言ってる場合じゃないですよ。タイムリミットまであと20年ちょっと、最初の転生よりも圧倒的に時間も準備も足りないんですから」

「それはそうなんだがなあ。できれば連邦首脳部に転生していたらもっと色々できたんだが……」

「それが駄目ならせめてもう少し早く転生させてほしかったな」

「そこはどうしようもないでしょう。日本が大陸であるだけましですよ。もしも史実通りの列島日本であれば少子高齢化や衰退で目も当てられず、介入は難しかったでしょうし。大陸日本の国力を利用して、いろいろと準備していくしかありませんよ」

「情報部からの報告ですが、ジオン内にも複数の転生者がいるとのことで、最近我々のように集まりつつあるようです。既に我が方の情報部員と接触しています」

「人数が足りんと思っていたら向こう側に転生しているとは。だがこれはチャンスだ。彼らと協力してジオン内の改革や工作も行えるやもしれん。早急に協力体制を整えたい」

そんな会話の横では
「畜生!ジオンに転生した奴らうらやましいぞ!」
「俺もジオンのモビルスーツ操縦したいお!」
「ジーク・ジオオオオオオオオオン‼」
などと多数のジオニスト(笑)たちが悔しがっている。

「とりあえずどちらにしろ戦争は確実に起こるでしょう。それを利用して我々が地球連邦の主導権を握るのです」

「その通りだな。まずは技術開発や水面下での影響力拡大、そして連邦にあまり睨まれない範囲でのジオンとのパイプや友好関係の構築と連邦政界への進出ということで」

「「「意義な―し!」」」


こうして夢幻会は動き始めた。しかし、それから暫くしてとある報告が入ることとなる。

540: 名無しさん :2017/09/23(土) 21:50:13
「他の国にも転生者が?」

「ええ、イギリスとドイツ、そしてイタリアとロシアで確認されました。今挙げた国で分かるかと思いますが、『例の面々』ですよ」

その報告を聞いてため息を吐く一同。

「最近それぞれが集まって活動を始めたようです。それと我々の存在にも気付いたようで、コンタクトをとってきています」

「またこの忙しい時に・・・。奴らに好き勝手動かれたら冗談じゃないぞ。最悪、地球連邦が100年以上早く崩壊しかねん」

「いえ、どうやら彼らも連邦を崩壊させる気はないようです。流石の彼らも馬鹿ではありませんから、今連邦が崩壊すればどうなるかは認識しています。よって、今回は我々と同盟を組んで協力しないかと持ちかけられています」

その言葉に場はざわめき、様々な意見が次々に飛び交う。


一方その頃。例の面々のいるヨーロッパでは・・・

「夢幻会め、まさかここでも存在しているとはな。しかも、よりにもよって大陸日本だと‼しかし、この世界の情勢では奴らと対立している暇などない。
よって非常に口惜しくはあるが、今回ナチズムは封印ということにする。だが、その代わりに奴らや他国の転生者共と協力して地球連邦の主導権を握り、世界に冠たるドイツの威光を宇宙にも知らしめるのだ!」

そう言って転生してきたナチスのメンバーたちの前で気勢を上げる皆さんお馴染み
アドルフ・ヒトラー


「ふむ、この世界にも彼らは存在するか。だが、報告によればちょび髭やイタリアの例の男は夢幻会と協力していく意向を見せている……。
ここは流れに乗った方が得策だな。連中と協力し、我が国の影響力を高めるのに注力すべきか。ふふふ、この世界でも英国はただの欧州の一島国で終わるつもりはないぞ」

円卓メンバーの面々の前で紅茶を飲みながら不敵な笑みを浮かべる
オズワルド・モズリー


「どうやら、こちらの世界にも我らが素晴らしき友人たちが転生してきているらしいな。さらに今回は対立ではなく手を組む姿勢を見せていると。
勿論これに乗らない理由は無いだろう。こちらの世界でもヘタリアなどとは呼ばせん。彼らと協力しイタリアの、ローマの国威を世に示してやるぞ」

パスタを食べながら友人たる嶋田にコンタクトを取るよう部下に指示する皆のアイドル
ベニート・ムッソリーニ


「夢幻会、またも彼らと邂逅することになるとは。だが幸い、最初の転生先の世界での協力で我々と彼らの関係はそこまで悪いというわけではない。
ここは夢幻会と協力し、大ロシアここにありと誇示すると同時に『萌え』を宇宙に広めるのだ‼」

夢幻会の影響ですっかりオタ化しながらも相変わらずの有能さで場を取り仕切る
ラブレンチ―・ベリヤ


結局夢幻会では話し合いの末ヨーロッパの転生者たちの提案を受け入れるということで意見が一致。
いっそのこと奴らも全員共犯者にしてしまえということになった。
その後行われた転生者たちが一堂に会した会合で改めて協力体制がとられることになり、
5ヶ国が連邦の主導権を握り地球連邦による世界平和、パックス・テラーナを実現させることを目的として動き始める。

541: 名無しさん :2017/09/23(土) 21:53:40
そうした策略が進められながらも時代は進み、0068年に原作通りダイクンが急死し反連邦デモが激化する中、ザビ家とラル家との後継者争いが起こり物語は一気に加速する。


その後も
「よく来てくれた。嶋田殿、辻殿。ギレン・ザビだ。連邦有力国たる日本の首相、財務大臣でありながら、きってのスペースノイド、ジオン融和派の人物だと聞いている」
「はあ、恐縮です」(本物のギレン・ザビ。眼光の鋭さが半端ないんですけど……)
「こちらこそ、あなたにお会いできて光栄です」(まさかのギレン・ザビと面会とは。一ファンとしてなかなか感動ものですね)

ダイクン葬儀のためサイド3を訪問していたら何故かギレンからの要請によって嶋田と辻が極秘に面会したり、
さらに同じように訪問中のヒトラーやムッソリーニ、モズリーとベリヤも同じように極秘会談を行う。

「ギレン・ザビが地球に来る!?」
「嶋田さんと辻さん、それに欧州の連中一体何を話したんですか!?」

ギレンの地球訪問にざわめく転生者たち。

そして地球にやってきたギレン一行は地球各国を訪問し、要人たちと会談を行う。
新聞に掲載されたギレンがヒトラーと固い握手、モズリーとの共同記者会見、
ムッソリーニとの熱い抱擁、ベリヤと柔道の試合の観戦などの写真の数々をみて本気で頭を抱える夢幻会の面々。

そんな大小さまざまなイベントがありながらも、運命の年は着々と迫る。


「ジオン公国にMMJを‼」

『『『『ジオン公国にMMJを‼‼』』』』

「スペースノイドにMMJを!」

『『『『スペースノイドにMMJを!!』』』』

「アースノイドにMMJを!」

『『『『アースノイドにMMJを!!』』』』

「全宇宙に萌えを!」

『『『『全宇宙に萌えを!!』』』』

「全宇宙にコミケを!」

『『『『全宇宙にコミケを!!』』』』


開戦を目前に控えた中、東京某所の高級料亭で開かれた決起集会という名の宴会。
宴会場でステージの上に立ちながら掛け声と共に拳を突き上げる辻とMMJのメンバーに加えてMMJではないがアニメやマンガをこよなく愛する転生者たち、
そして何故か来日して参加していたベリヤもちゃっかり混じり、同じように勢いよく拳を突き上げている。
加わってない者たちもすっかり泥酔しながら「いいぞ、もっとやれー‼」などと騒いでいる。

その光景に溜息を吐く少数派の常識人たち。

「だからここにはもっとまともな連中はいないのか……」

「嶋田さん、何度も言ってますが無理ですって。もうあれは当たり前の光景だと思った方が楽ですよ」

「だから南雲さん、こっちも何度も言ってますが何回転生してもあなたたちみたいに達観できないんですって」

そういう嶋田に南雲は「相変わらず真面目ですねぇ」と言いながら騒いでる面々を見つつゆったりとビールを飲む。

それを見ながら再び溜息を吐く嶋田だったが、相変わらずの面々を見てどこか安心しているのもまた事実なのであった。



そして遂に迎えた開戦の日!

果たしてこの世界の一年戦争はどのような結末を辿るのか!?

地球連邦の、ジオン公国の、日本の、ドイツの、イタリアの、イギリスの、ロシアの、そして転生者たちの命運や如何に!!



提督たちの憂鬱×機動戦士ガンダム

『転生者たちの野望』

542: 名無しさん :2017/09/23(土) 21:54:44
以上です。
色々と突っ込みどころはあるかもしれませんが、初めてなので大目に見てもらえると嬉しいです。
こんな駄文ではありますが一応まとめ掲載はokです
最終更新:2017年09月26日 10:26