408: ハニワ一号 :2018/07/30(月) 21:20:30
虎城神宮

剣牙虎が多数生息している事で知られている日本大陸の虎城地域の都市である虎城市にある神宮で剣牙虎を祭る神宮として有名であり日本大陸の各地にある剣牙虎神社の総本宮である。日本神話に出てくる剣牙虎の神や女神たちを祭神としている。また2600年以上の長きにわたる日本大陸の歴史で活躍して神格化された剣牙虎たちも祭神として祭られているのである。

このように虎城神宮は古くから古事記や日本書紀にも記載されるほどに大陸日本で最も古い神宮の一つであり、剣牙虎の神々を祭り剣牙虎を神使とするなど古くからの日本大陸における日本人と剣牙虎の関わりを示す歴史的遺産が多数残されている。神道の虎城神宮の印象が強いが仏教や景教など日本大陸にある宗教が剣牙虎を祭る大寺院や大教会などが虎城市に建立されている。

剣牙虎を祭る虎城神宮と同じような日本大陸の動物を祭った神社として蝦夷象を祭った蝦夷象大社が最もよく知られているだろう。

そのため虎城神宮と虎城地域には日本大陸における日本人と剣牙虎の関わりを示す建物や国宝などの宝物、刀剣などの武器類、文化財、遺物・遺跡、伝統芸能など多数にわたる歴史的遺産を現代にまで伝えていて世界遺産にも登録されている程である。

元々、虎城地域は古くから剣牙虎が多数生息している地域である事も手伝って朝廷が力を持っていた時代には朝廷が直轄下に置いていた程に優秀な剣虎兵の産地として知られており虎城地域を味方に付けたものが天下人になるといわれたほどである。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など歴代の天下人たちは皆が虎城地域を押さえており、配下となった虎城産の剣虎兵が戦場で大活躍をしたのは歴史的な事実である。現代の軍や警察が採用している剣虎兵の多くが虎城出身の剣牙虎と言われている。

そして虎城神宮がある虎城市には他の日本大陸の地域にはない特別な特色がある。それは奈良の鹿や厳島神社の鹿のように虎城地域では剣牙虎は神使として大切にされ虎城市の街中では放し飼いされた野生や人間に飼育されている多数の剣牙虎を目にすることができ、しかも剣牙虎に触れ合える事ができるために虎城市の観光の目玉となっているのである。

なお上記の理由から虎城神宮と虎城市を観光する場合は自己責任が原則なのは当然であるがそれでも剣牙虎を生で触れ合えるのが魅力的らしく日本大陸の観光名所人気ランキング第1位の座を長く独占するほどに虎城神宮と虎城市を観光に訪れる日本人や外国人が多数訪れているのである。

410: ハニワ一号 :2018/07/30(月) 21:23:22
あとがき
久しぶりの日本大陸ネタとして剣牙虎を祭る神社を書いてみました。虎城神宮を書いてみた一番の理由は皇国の守護者のように日本大陸でも街中を当たり前のように剣牙虎がいるという人間と剣牙虎が共生している特別な地域を出してみたかったからです。
また虎城という地名は皇国の守護者を読んだ読者なら知っていると思いますが皇国の守護者では剣牙虎の産地として知られている地域で日本大陸でも有名な剣牙虎の産地として虎城という地名をお借りしました。
最終更新:2018年08月09日 14:08