572: 名無しさん :2019/01/14(月) 20:46:50 HOST:opt-101-1-157-89.client.pikara.ne.jp
ミッドウェー海戦それは太平洋戦争の転機とも言ってもいい重要な海戦であった
日本の四空母が沈み、大敗北に終わった海戦であった


その時、沈みゆく加賀にあるものが運び出された。
それは軍艦旗であった。

本来は返還されるものであるが、その一枚が退艦した乗組員が持ち運び
そして、瑞鶴の乗組員に託したのである。

我々の思いと共に瑞鶴に載せて、ミッドウェーの敵を討ってくれ!と頼んだのである。
それを聞いた瑞鶴乗組員は思いを受け取り、艦長と相談し、瑞鶴の軍艦旗と共に掲げたのである。

以後、この軍艦旗は一航戦の誇りと呼ばれ、いかなる戦闘を経ても
決して汚れず、破損することはなかった。

瑞鶴は沖縄戦救出の為に出撃する前にたまたま呉に寄っていた信濃にこお軍艦旗を渡し、沖縄で華々しく散ったのであった。
そして、信濃は一航戦の誇りを朝鮮戦争も掲げつづけ、二代目瑞鶴に渡し、博物館となったのであった。




時は流れ、一つのブラウザゲーム艦これに上記のエピソードを取り入れたものとファンが騒いでいたのである。

ミッドウェー海戦後に改装されたと考えられる瑞鶴改に加賀の弓と右手首に青いリボンが巻かれ
沖縄戦モデルと思われる、決戦仕様には瑞鶴は昔の弓に戻り、青いリボンもなくなっているのである
それと同時に実装された信濃には長弓と青いリボンが巻かれているのである

これから、代々受け継がれる一航戦の誇りと呼ばれるようになったのである・・・・

573: 名無しさん :2019/01/14(月) 20:47:23 HOST:opt-101-1-157-89.client.pikara.ne.jp
終わり

受け継ぎたかったのです。一航戦の誇りという物を
下手糞なネタで申し訳ない
最終更新:2019年01月26日 13:56