櫻井交通会社概要

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


櫻井交通バスは、


事業内容

【高速バス・路線バス運行】

設立 昭和38年4月1日
代表者 神代 一郎 (じんだい いちろう)
資本金 五千万円
従業員 78人
事業内容 高速バス、路線バス運行 車両整備
営業所 本社・鶇野県朝日市中央区篠宮中央7-1
櫻井営業所・栃山県櫻井町新明川81-2
※東京営業所・東京都江東区東雲2-7-41
駅前自動車出張所・栃山県櫻井町駅前本通り1-1

歴史

西暦 出来事 日本での主な出来事
1958年 櫻井自動車開業(櫻井交通の前身) 東京タワー竣工
1964年 櫻井自動車初の長距離バス運行開始 東京オリンピック開催
1972年 櫻井貸切自動車と合併 高松塚古墳が発掘される
1979年 櫻井自動車初のリアエンジン車RC701Pを導入 第1回東京国際女子マラソンが開催される
1985年 櫻井自動車初のスケルトンボディー車P-HU273AAを導入 関越自動車道が全線開通
1988年 社名を櫻井交通に変更する 青函トンネル・瀬戸大橋が開通
1996年 櫻井温泉~浜松町駅バスターミナル間の高速バスの運行開始 東京ビッグサイトが開場


※東京営業所の住所は、東京都交通局自動車部深川自動車営業所のものです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。