リーガルマンモス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 リーガルマンモス
【読み方】 りーがるまんもす
【分類】 哺乳獣類
【捕獲レベル】 48
【生息地】 リーガル島
【体長】 1500m
【体高】 1000m
【体重】 推定5000万t
【価格】 100g/15万円(宝石の肉:100g/500万円)

【詳細】

リーガル島に生息する超巨大マンモス。6本の足、二枚の翼(ただし空は飛べない)、二本の鼻を持つ。約10mの大きさで生まれ、数週間で体長50mになるほど成長が高い。
繁殖力は低いが寿命は500年以上と長く、その間も成長し続け、捕獲レベルも高くなっていく。
圧倒的な巨体に加え、鼻で一瞬で猛獣を吸い、消化するためリーガル島の食物連鎖の頂点に立つ。
体内に全ての肉の部位の味を兼ね備えた「宝石の肉(ジュエルミート)」が存在するが、入手は困難を極める。

宝石の肉(ジュエルミート)

リーガルマンモスの体内に存在する宝石のように光り輝く肉。全ての肉の部位の味を兼ね備えているが、固体により場所が違ううえ、体内に猛獣が生息しているため入手は困難を極める。一度肉を採っても再生するが、数十年もの長い年月を要する。太古の時代、その輝きとリーガルマンモスを仕留めた証となるため結婚指輪の代わりにされていたという。
グルメ細胞を進化させる食材の一つとされ、トリコ達と美食會はこれを巡って激しい激闘を繰り広げ、結果トリコ達が宝石の肉を得ることができた。トリコとサニーはこれをフルコースに入れようとしたが、互いに食材がかぶるのが嫌だといい、じゃんけんでサニーのフルコースのメインに決定された。
最終更新:2011年10月24日 16:46