※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■■■小笠原ログ 20070918 (参加者 サク)■■■



※ヤガミ入院の原因となった、前回の小笠原ゲームはこちらです。

 

サク:
芝村さん、こんばんは。
23時より予約していた、小笠原ゲームにまいりました。

 

芝村:
はい。記事をどうぞ

 

サク:
はい。

 

お世話になっております、レンジャー連邦です。
個人マイル20を消費して、ミニな学校イベントを申請いたします。
藩国非滞在ACEを1名呼ぶ予定です。

・参加者
0600161:サク(入学済)

・支払い
0600161:サク所有マイル:20

18日(火)23時より予約させていただきました。

以上、よろしくお願いします。

 サク@レンジャー連邦
2007/09/16 22:23

 

サク:
こちらです。よろしくお願いします。

 

芝村:
呼び出しは?

 

サク:
はい。ええと、サクヤガミをお願いします・・・

 

サク:
お見舞いというか、迎えにいきたいです。

 

サク:
(入院ということだったので

 

芝村:
はい。

 

芝村:
では2分ほどお待ちください

 

サク:
はい。あれ、イベント選択はいいのでしょうか?

 

サク:
(ゆびがふるえる

 

芝村:
イベント選択してもええよ

 

サク:
うわ。えーとえーと

 

サク:
一緒に帰るということで、下校でしょうか。。

 

芝村:
いいよ。

 

芝村:
では一分待ってね

 

サク:
は、はい。(ぐるぐる

 

/*/

 

芝村:
ヤガミは不機嫌そうな顔です。

 

サク:
(ああああまたこの展開!?

 

サク:
「や、ヤガミー 久しぶり  かな?」

 

ヤガミ:「生身も問題だな。弱くていけない」

 

サク:
「前回はあのその。ごめんなさい・・・」

 

サク:
「調子に乗りすぎました。体の具合はどう・・・??」

 

ヤガミ:「気にしないでいい。病院で、たっぷり治療した」

 

サク:
「ううう。ごめんー!!(お見舞い行きたかった・・」

 

ヤガミ:「さてと、タクシーで家に帰るか」

 

サク:
「えー!! そんな味気ない」

 

サク:
「折角だからその、一緒に歩いて帰らない?」

 

芝村:
ヤガミは何かいいたそうだったが、何もいわなかった

 

サク:
あれ。

 

ヤガミ:「いくんじゃないのか?」

 

サク:
「うん、行くいく。」

 

サク:
「あのね、

 

ヤガミ:「どうした?」

 

サク:
「お見舞いのつもりで作ってきたんだけど・・ババロア (携帯向けはこちら)」

 

サク:
「どこかで一緒に食べないかなーって」

 

ヤガミ:「器用なんだな」

 

サク:
「・・・普段は作らないよ。。」

 

サク:
「ヤガミが元気になればって 思って・・・」

 

ヤガミ:「そりゃ残念だ。せっかく、生身の強みで、毎日食べようと思ったんだが」

 

サク:
「!」

 

ヤガミ:「公園はこっちだったか」

 

サク:
「あ、う、うん。」(ついていきます

 

ヤガミ:「いつになく弱気だな」

 

サク:
「ヤガミがおいしいって言ってくれたら、毎日でも作るよ(ぼそっ」

 

ヤガミ:「何かあったのか?」

 

サク:
「だって・・・ヤガミに怪我させた」

 

ヤガミ:「しかたがない」

 

ヤガミ:「こちらこそ、すまなかった。目が、悪すぎた」

 

サク:
「むー仕方なくなんかない。私がちゃんと気をつけてれば。」

 

サク:
「悪すぎたって、そんなのあやまることじゃない~!」

 

ヤガミ:「いや。女性ならそうするのが当然だ。悪かった」

 

芝村:
ヤガミは黙った。あなたを見ている。

 

芝村:
5

 

芝村:
4

 

芝村:
3

 

サク:
「・・・・もぅ。私が悪かったって言ってるのに。」

 

サク:
「私のは、いいよ。ヤガミだったから」

 

ヤガミ:「口論はやめよう。別に俺は、喧嘩したいわけじゃない」

 

サク:
「ん。 うん。」

 

サク:
「じゃああれだ。おあいこ?」

 

芝村:
気まずい沈黙の後、二人で並んで歩きました。

 

サク:
「(うーうまくいかない・・・)」

 

ヤガミ:「こうえ・・・?」

 

サク:
「公園ここかな」

 

サク:
んん?

 

芝村:
ヤガミは貴方の手を取って少し離れた。

 

サク:
「?」

 

芝村:
公園は水浸しだ。

 

芝村:
冠水している。

 

芝村:
周囲は大騒ぎだ。

 

サク:
「! なにこれ」

 

ヤガミ:「なんだ?」

 

ヤガミ:「水道管の破裂、じゃなさそうだな」

 

サク:
(そこらの人に聞いてみます)「あの、これどうしたんですか?」

 

サク:
「なんでこんなに水浸しに・・」

 

住民:「湧き水だと」

 

住民:「凄い勢いで水が。これが温泉ならよかったのに」

 

サク:
「水って普通に湧くものだっけ??」

 

ヤガミ:「さあ」

 

サク:
「海水かなぁこれ(舐めてみますぺろっと」

 

芝村:
TV局もきているよ。

 

芝村:
水だね。清冽な水だ。湧き水といっていい

 

サク:
おおー小笠原のTV局

 

サク:
ちょっとヤジ馬してみます。何か情報ないかしら。

 

ヤガミ:「どっちにしろ、これでは二人で休めないな」

 

芝村:
ヤガミは、野次馬している貴方をさておき、腰を降ろした。

 

サク:
あらーやる気なし。

 

芝村:
ヤガミは息をついている。

 

サク:
「まあこの騒ぎじゃ休むどころじゃないかー」(ヤガミの傍に戻ります

 

サク:
ヤガミの隣に座って、じーと見てみます

 

芝村:
貴方はなんとなく、ヤガミがタクシー乗りたがっていた意味が分かった。

 

サク:
(疲れてるんでしょうか・・・やっぱり退院したばかりで

 

芝村:
ええ。

 

芝村:
ヤガミは体力をなくしている。

 

ヤガミ:「どうした?」

 

サク:
(また、気が付いてあげられなかった

 

サク:
「何でもないよ」

 

サク:
「えへ、もう、かえろっか?」

 

ヤガミ:「散歩だろう?」

 

芝村:
ヤガミは微笑んだ。

 

ヤガミ:「いくか」

 

サク:
「こんなに人がいたんじゃねー って」

 

サク:
「(もういいから帰って休んで」

 

ヤガミ:「そんなに帰らせたいのか?」

 

サク:
「・・・・(ぷるぷる顔を振ります」

サク:
「・・・体、まだ、辛いんじゃない・・・?」

 

ヤガミ:「気付くのが遅い」(チョップ)

 

サク:
「ふぎゃ」

 

芝村:
ヤガミは微笑んだ。

 

ヤガミ:「大丈夫だ。」

 

サク:
「だって」

 

ヤガミ:「喫茶店で休む」

 

ヤガミ:「それならいいだろう?」

 

サク:
「ごめん・・・!!また、またちゃんと見えてなかった・・・(もうちょう自己嫌悪」

 

サク:
「うー。ヤガミが辛くないなら」

 

芝村:
ヤガミは笑って、ゆっくり喫茶店へ行きました。

 

芝村:
深く座っている。

 

ヤガミ:「紅茶を」

 

サク:
ちゃんと喫茶店があるんだー

 

芝村:
ヤガミは店員と話をつけている。

 

サク:
「私も紅茶お願いしますー」

 

芝村:
話がついたようだ。

 

サク:
「ん?何の話してたの?」

 

ヤガミ:「お前のババロアでも食べるか?」

 

サク:
「うん!! へへへー実は結構いい出来なのだ」

 

サク:
<ババロア

 

サク:
「(自分で言うなとちょっと思った」

 

サク:
いそいそ取り出します。ちゃんとオレンジに入ってて蓋もついてますよ!

 

芝村:
ヤガミは少し笑った。

 

ヤガミ:「確かにうまそうだな」

 

芝村:
ヤガミは食べている。

 

芝村:
あ。笑顔になった。

 

サク:
(喫茶店で食べていいのかなーと思ったけどまぁいいや

 

サク:
「・・・どう?(小首かしげ」

 

ヤガミ:「90点だな。採点者が甘いが」

 

サク:
「おおー赤点は免れた(笑」

 

ヤガミ:「店のことは心配するな。さっき、話をつけた。こっそりと食べてくださいね。だそうだ」


 

サク:
「ああ・・・そっか。」

 

サク:
「その話をしてたのね・・(あかんわー見習わないと」

 

芝村:
ヤガミは笑ってる。

 

サク:
「マイナス10点は次回までには埋めてやるー」

 

ヤガミ:「楽しみにして置こう」

 

サク:
「(笑ってるなぁ。ちょっとは元気になったかな?)」

 

芝村:
そうだね。

 

芝村:
今は紅茶の香りを楽しんでいる。

 

サク:
そうかー なんかヤガミがちょっと元気そうになったので、ニコニコしてます。

 

ヤガミ:「いい紅茶だ」

 

サク:
「(ぼへーと外を見ながら) もう夏も終わりそうだね・・・お祭りとか、一緒に行きたかったな」


 

ヤガミ:「秋祭りがあるだろう」

 

サク:
「(できるだけヤガミの顔色を注意しときます。」

 

サク:
「・・続けてあるんだ!」>秋祭り

 

芝村:
ヤガミは微笑んでいる。

 

芝村:
サクの目を見ている。

 

サク:
「夏だけかと思ってた」

 

サク:
「じゃあ、ヤガミが元気になったらえーと。・・・一緒にいってくれる・・?」

 

サク:
「レンジャー滅亡祭りでもいいんだけど(すぐ来週だけどー」

 

ヤガミ:「分かった」

 

芝村:
ヤガミは何か言おうと思ったが、やめた。

 

サク:
(むーどれくらいで元気になるのかなぁ 

 

サク:
む、また。

 

サク:
じいいいいとヤガミの顔を見てみます。

 

芝村:
ヤガミも手の上に顎をおいて、貴方を見ている。

 

芝村:
顔は、凄い近くだ。

 

サク:
うがー!!

 

サク:
「・・・やっぱりまだ体調よくないみたいだね」

 

芝村:
ヤガミは顔を離した。立ち上がった。

 

ヤガミ:「そうだな。そろそろいくか?」

 

サク:
「あ、うん。(うーん」

 

サク:
(うーん 無理を言ったかもしれない・・・)

 

芝村:
ヤガミは勘定をすませて、元気良く帰り始めた。

 

サク:
「ああ悩んでる隙にっ ちょっとまって割り勘で!」

 

サク:
「はいどうぞ」>渡しますわたします自分の分のお金

 

ヤガミ:「これくらい、男にもたせろ」

 

芝村:
ヤガミは微笑んでいる。

 

サク:
「入院させたうえにおごらせてるのはちょっとー」

 

ヤガミ:「ま、そうだな。借りは作りたくない相手だからな」

 

サク:
「ぎゃん!!そうではなくって」

 

サク:
「・・・ふにー ではお言葉に甘えることにします。。ごちそうさまでした」

 

芝村:
ヤガミはわが意を得たりな感じだ。

 

サク:
「(まぁ、、、いいのかなぁ。」

 

芝村:
いかん、ヤガミに優位に立たれてるぞ。

 

サク:
うーん;;

 

芝村:
ま、それでもいいのかもしれないが(笑)

 

芝村:
ヤガミは上機嫌のまま帰り始めている。

 

サク:
「まぁ今回はねー けが人だしー 無茶したら可哀想だしー(ひとりごと」

 

芝村:
随分距離があいた。

 

サク:
「わ、まって」(追いかけます

 

芝村:
追いつきました。

 

ヤガミ:「ついてこなくても」

 

サク:
「おいてくなんて酷いな・・・あ、ほんとにおいてく気だったんだ(がっかり」

 

サク:
「送っていくくらいさせてくれてもー」

 

ヤガミ:「家までついてくるつもりか?」

 

芝村:
ヤガミは自分の家の玄関を指差した。

 

サク:
「家って夜明けの船? って」

 

サク:
「ヤガミ小笠原に家あるのー!!??」

 

サク:
住人・・??えええ

 

ヤガミ:「……そうだな」

 

芝村:
ヤガミはいい笑顔だ。

 

ヤガミ:「じゃ、夜明けの船で寝る」

 

サク:
「おおお。別荘ってやつでしょうか。」

 

芝村:
ヤガミは今度こそ本気で帰った。

 

/*/

 

サク:
「あれ、ここが家なんでしょ」

 

芝村:
はい。時間です。お疲れ様でした。

 

サク:
あれ??お疲れ様でした。

 

サク:
えーえーなんだかへんなところで

 

芝村:
むねーん

 

サク:
えええええなに、ほんとにわかりません@@

 

サク:
なんだか全然、失敗ばかりだったきがします・・・

 

芝村:
もっと修行するとよかろう。

 

サク:
はい・・・修行が足りませんでした・・・

 

サク:
体調悪いの、気が付いてあげられなかったし

 

芝村:
ははは

 

サク:
全体的に。気が利かないっていうか(あああもう自分の欠点だってよくわかってるのに

 

サク:
家があるのになんで帰らないのー・・

 

芝村:
まあ、サクさんには難しいかも。

 

芝村:
気にしないでも

 

サク:
修行がーしゅぎょうがー!!

 

サク:
私には難しいですか。んんん。

 

芝村:
いや。もとから気きかないし。でもまあ、大丈夫だよ。謎が多いだけだよ。

 

芝村:
たまにうまくいかなくても、そこは気合でカバーだ

 

サク:
もとから・・・orz  う、はい。

 

サク:
気合で・・ 気合だしすぎるとぐるぐるがすごいことになりそうです。

 

芝村:
うむ

 

芝村:
評価は+1+1

 

サク:
はい。(前回のぐるぐるがすごかったから、ちょっとは大人しくしようと頑張ったけどうーんー・・・

 

サク:
あ、なんとか上がってる。良かったです。。

 

芝村:
秘宝館には1・1で頼めます

 

サク:
はい、ありがとうございます。

 

サク:
なんかもう・・・すごく落ち込んできました。

 

芝村:
え。なんで?

 

サク:
辛いの、気が付いてあげられなかったっていうのが、ちょっと 自己嫌悪です(がくり

 

サク:
自分は、会えて、嬉しいんだけど

 

芝村:
恋する乙女だね

 

サク:
自分のことばかりじゃ駄目だなぁって。 えええ

 

サク:
えーえええーーー 

 

芝村:
まあ。そう見えました。

 

芝村:
では解散しましょう。

 

芝村:
お疲れ様でしたー

 

サク:
はい。ありがとうございました。

 

サク:
お疲れ様でした。