※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空に鳥が見えた。
変わった飛び方をしている。緊張しながら飛んでいて、まるで辺りを警戒しているようだ。
鳥が、まっすぐ降りてきて、何という種類か分かるところまで近づいた時、笑った。

上手に飛ぶようになりましたね。カイエ。

/*/

致命の一撃を繰り出さざるを得なかった。
胴を痛みという名の衝撃が貫通する。次いで、機能的欠損。
バロに比べて私は華奢だからなと苦笑する。
もっと強ければ。
傷のことではなく、そう思った。

傷は魔法でふさげる。しかし、失われた体重までは戻らない。
水分を山のように採り、たらふくの炭水化物で即効性のエネルギーを補給すると、体が動くようになった。

「大丈夫ですか!?」

カイエの心配する声が聞こえた。
実際的なことばかりを返事した。

/*/

自分がうまく話題を見つけて話せないことは知っていた。
ただ、思ったことを口にし、流れで物を言うだけの、陰気な男なのだ。
エノーテラもカイエもどうして自分と一緒にいたがるのだろう。

「今度会ったら、もうはなれないって決めたんです」

助けなければならない人達がいる。
危なくてカイエを連れて行くことは出来ない。エノーテラもだ。
カイエはエノーテラのような癇癪は起こさない。だからエノーテラを任せられる。

「人助けは立派な事です、わかります」

そう、カイエはわかってくれる。
どう思っているかは別だが、エノーテラと違い、そのことをちゃんと口で言う。
無茶を言ったりはしない。

「わかるけど、心配します。バルク様のこと」

二人とも、同じように心配している。
心配をすることと、ついてくることは違う。
ついてくれば、それだけ危険が増える。
そこは二人ともわかってはくれない。
いや。
カイエはわかっている。
わかっているけど。

「バルク様が好きだから」

好きという感情と、どこでも一緒にいようとする傾向との因果関係がわからなかった。
ただ、そういうものだということだけは、学ぶことが出来た。

/*/

400年の歳月を戦いのために費やしてきた。
そこで必要だったのは、いかに戦い、いかに勝利するか、それだけ。
けれども戦場のすぐ隣には、勝利だけではない何かが確かにあった。
誇り、宴、一騎打ち。
普通のファウオーマは戦いとそれらとを明確に分ける。明確に、分けて、しかし一体としている。
しかし、自分は戦いの中に、戦うだけではない、もっと別のものが混じってしまっていた。
多くの子供達の面倒を見続けるうち、きっとそれは進んでいったのだろう。
今では混然としている。中途半端な戦士としての力が、その証左だ。

「どうせだめなんです。困らせてるだけって、知ってるんです」

何故、エノーテラがバロではなく自分を慕うかわからない。
強く、慕うべき戦士は、自分ではなくバロだろう。
それなのに、鎧を持ち出す、泣く、暴れる。いつまでも側から離れようとしない。
今のままでは不幸なだけだろうに。
エノーテラが苦しんでいるのを見て、そう思っていた。
迷宮を駆け抜ける間、カイエはエノーテラを押さえていてくれてるだろうかと何度も考えた。
二人とも、幸せになればよいのに。

「御飯食べたかったら晋太郎さんたち連れ戻してよ、もう(呆れて」

食糧の匂いにつられてやってきたら、こんなことを言われた。

「ではしかたありませんね」
「ふむ」

バロと共にさらに地下へと潜っていく。
ふと、思い出す。

戻ってきた時、カイエはまたおにぎりを作っているでしょうか?

/*/

地上に戻ってから待っていたのは、長い長いメッセージだった。
他の者達にも同様のものが出回っているため、主旨はわかっていたので、読まないでいた。
そういう類のことを公言するのはどうかと思ったからだ。

メッセージの主とはすぐに会えた。

「あ、バルク様ハッピィホリディ! こんにちは」

/*/

「私たちの習慣で、大切な人に贈り物をしたりするのですが」

ウミネコの意匠されたアクセサリー。
素敵なものですね、ありがとうございます。そう、素直に礼を告げた。
カイエはとても嬉しそうだった。

よかったら身に着けていてくださいと言われたので、タリスマンにしますと答えたら、ありがとうございますと言われた。とても嬉しそうだった。

だから、微笑んだ。

「バルク様、大好きですよ」

カイエは言う。

「ずーっと、大好きでいますからね」

もう一度言う。

脈絡がなかったけれど、大切な人だと言われ、好きだと言われたら、やはり素直に私も好きですよと答えるしかなかった。

そうしたら、

とても楽しそうに、

とても嬉しそうに、

とても幸せそうに、

カイエは袖にぎゅうっと掴まっていた

普段は迷惑を掛けたと思ったら自分でちゃんと離れてくれる、エノーテラよりは大人なはずのカイエが、今日だけはずっと袖にくっついていたので、少し驚いた。

静かな世界。宙に腰掛けながら、二人で並んでいる。

また、好きですよと言われたので、知ってますと答えたら、少し、カイエの笑いは弱くなった。

好きですかと聞かれたので、好きですよと言ったら、不意に彼女の顔が緊張した。

もどかしそうな顔。キス、だけじゃない。キス以上のこともしたい。そう言った。

「いつか、いつかでいいです、バルク様の子供がほしいです」
「―――――――――」
「そういう好きです」

袖を離さなかった意味。これまでずっとキスをしたがり、ねだっていた理由。心配をして、どこまでもついてこようとした動機。それと、好きという言葉と、その数と、ファウとビアナの間で子供をもうけるためにする行為の間に、これまで学んできた諸々の事柄を関連付けする。

そうして、一緒にいたい、ということの、その先にあるものに気がついて。

初めて…

初めて、バルクは照れた。

そうですね、そのうちにでも。

答えながらバルクは、自分の中に浮かんだ感情に、好きだとずっと一緒にいたがる理由が、ほんの少しだけ、わかった気がした。

/*/

署名:城 華一郎
最終更新:2008年03月29日 23:28