※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レンジャー連邦の一日の食事

イラスト:むつき・萩野・ドラケン,豊国 ミロ 
文:豊国 ミロ



~朝食~




平パン
 塩と小麦を水で練って薄く焼いたパンです。酵母は入っていないのでもっちりとした歯ごたえです。時間がたつと硬くなるので、できたてをすぐいただきます。今朝はなつめやしの蜜やオリーブオイルをつけて食べました

クスクスのサラダ
 熱湯をかけて戻したクスクスに、オクラ、トマト、ひき肉を加えてさっと炒めたサラダです。塩コショウで味付けしてありますが、好みでヨーグルトをかけたりします

オレンジジュース
 オレンジはレンジャー連邦を象徴する果物で、藩王蝶子の紋章がオレンジである由縁からよく栽培されています。このオレンジジュースも藩王を模したキャラクターが描かれています



~昼食~
※沿岸地域の料理を出してくれる店で外食です




そば
 交易が盛んな沿岸部では他国の食文化の店が多く存在します。人気商品だと首都で開業する店もあり、そば粉のスープパスタとしてそばも多く食べられています。ちなみにスープはちゃんと魚からだしをとった醤油系ですが、具はモロヘイヤとコーンと魚のフライなので、東国人から見たらとんでもない食べ物かもしれません

ライス入り野菜のトマト煮
 ズッキーニやパプリカの中身をくりぬいて米を入れ、トマト煮にしたものです。レンジャー連邦で栽培されている米はインディカ米で、主食というよりおかずの一種として使用されています

俺星ビール
 レンジャー連邦では昼から酒を飲んでもそんなに怒られません。元々アルコール度数を低く作ってあるので、水代わりに大人が飲むことが多いのです。それでも外国の方には大変びっくりされます



~おやつ~
※職場でのおやつタイム(レンジャーでは仕事中でもおやつタイムが存在します)


揚げ菓子
 生地や果物を油で揚げて砂糖やシナモンをまぶしたり、蜜に漬け込んだ菓子です。揚げバナナはひどく甘いのですがで暑い中で食べるとやたらおいしく感じます。今日は揚げバナナと砂糖をまぶした揚げ菓子です

なつめやし
 ちょっとしたときに何かつまむといったらこれ、というくらいポピュラーな食べ物です。旬の季節は生で食べますが、それ以外の時期は乾燥したものを食べます

コーヒー
 伝統的な飲み方は、カルダモンをたっぷり入れてブラックのまま飲むやり方です。しかし最近は牛乳やシロップを入れて飲みやすくしたものが流行のようです

ハッカ茶
 ぐらぐらに煮立たせたお湯で煮出した茶を大量のハッカに注いで作ります。たっぷりと砂糖を入れて飲みます



~夕飯~
※職場の仲間と夕飯がてら飲みに出ました



肉汁のスープ
 肉・玉ねぎ・スパイス・塩を鍋に入れて煮込んだ料理です。一度出てきた水分を飛ばしてから改めて水を加えて煮込むので、凝縮した味わいのスープとなります。具は煮込んだ素材をそのまま食べます

ひよこまめのヨーグルトサラダ
 ひよこまめとキュウリをヨーグルトで和えたサラダです

もんじゃ焼
 小麦文化圏のレンジャー連邦では、外国由来の料理であるもんじゃ焼が予想外に定着しました。それはソースの材料の1つであるなつめやしが豊富に取れたこと、鉄板を囲んで皆でわいわいつつき合うというスタイルがとてもなじんだためです。現在では代表的な食べ物となっています

ナッツのシロップ菓子
 ナッツ類を混ぜた小さなケーキをシロップに浸したものです。食べるとほろっとくずれ、中からシロップがにじみ出てきます

俺星ビール・アラック(なつめやし酒)
 俺星ビールは材料の一部にオレンジを使用したビール、アラックはなつめやしを使った蒸留酒のことです。なお米の酒ではないものの最上級の酒であるため、アラックは商品名を『大吟醸・眼金盛』と名づけられています。このようにレンジャー連邦の酒にはフルーティーなものが多く存在します