※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おやすみ、よい夢を。


 大もんじゃ祭りも終わり、お片づけも終了。
 やっぱり大騒ぎで、片付けも大変で身体はくたくた。
 にゃふにゃふが用意しておいてくれたお風呂にさっそく入る。
 いつもはシャワーだけど、今日はお風呂にお湯をはって、足をマッサージ。

 じわわ~~~。

 「くぅうう、しみるぅ~」
 お湯の温かさが体全体に染み渡り、心地よい疲れが広がって、そして消化されていく。

 皆が真に自由に一生懸命仕事して、笑いあって。
 幸せを語り合って。
 皆と一緒にいられるのがこんなにも嬉しい。
 嬉しいから、一緒に食べるご飯が美味しくて。

 なんてなんて幸せなんだろう。

 嬉しいな。


 ほこほこ湯気ダコになりながらお風呂から上がると、人型になったにゃふにゃふが髪を乾かしてくれた。
 「にゃふにゃふー」
 「ん?」
 「ありがとう。いつも側にいてくれて。私たち、いつだっていい事ばかりしてないのに。いつ行っても笑顔で一緒にいてくれて」
 泣くのは卑怯な気がしたけど、鼻がつんとして、涙目になる。
 ぽむ、と頭に掌の感触が。
 「ばかだなぁ。本当に」
 にっこりと桜の花の様な笑顔。
 「俺達、レンジャー連邦の仲間だよ。友達。相手を思いやる事を忘れないで。相手を想うことを忘れないで。そして一緒に笑顔でごはん食べられるようにしよう?」
 「うん。」

 ふたりで親指と人差し指をつなげるてハートを作る。
 それは互いの愛情を確認しあうハンドサイン。

 「明日もいっぱい、働いて、遊ぼうね!」
 「うん!」
 「明日は何がしたい?」
 「明日は海行きたい!」
 「じゃあ、海で遊ぼうか?ちみっこも一緒に!」

 おやすみ、良い夢を。
 あなたにも、私にも優しい夢を。

 明日もご飯が美味しく皆でたべられますように。

添付ファイル