15 白玉楼 ~ 幽冥の住人は割と少ない



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=東方月燈籠
|circle=イオシス
|vocal=miko
|lyric=ひくら
|arrange=yohine
|original=東方妖々夢 ~ Ancient Temple
花咲き風舞う 季節の春がまだこない
そんなの予定と 違ったけど
この冬の終わらない 幻想郷の中で
私は春度を 集めつづける

結界に囲まれてる 冥界白玉楼
私の役割は そこでの庭師よ

きっとできる 西行妖咲かすこと
だってわたし 春をあつめてるから
だからまって おとなしくしてて幽々子さま
ぜんぶわたし 一人でできるから

半人半妖 半人前の私だけど
辻斬り属性 つけられたって
間違って混乱する こともあるけど
一人じゃないから 笑っていれる

人の迷いを断つ 短刀白楼剣
妖怪を切る 長刀楼観剣

きっとできる 白玉楼を守ること
だってわたし 剣術つかうから
だからまって 出番はまだです幽々子さま
ぜんぶわたし 一人で済ますから

幽冥の住人

結界に囲まれてる 冥界白玉楼
私の役目は そこでの守護者よ

きっとできる 西行妖咲かすこと
だってわたし 春をあつめてるから
だからまって おとなしくしてて幽々子さま
ぜんぶわたし 一人でできるから

きっとできる 白玉楼を守ること
だってわたし 剣術つかうから
だからまって 出番はまだです幽々子さま
ぜんぶわたし 一人で済ますから
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。