03 斬月アリア



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=.JP
|circle=岸田教団&The明星ロケッツ
|vocal=ichigo
|original=広有射怪鳥事 ~ Till When?
この脆く傷みやすい身体を
捨ててしまえたなら強くなれるの?
この淡く滲みやすい存在を
抱きしめ続けることができるの?

正解は望んでないけど

瞬間に生きて 瞬間に果てて
永遠を生きて 永遠を愛せたならきっと

辿り着けるの

あなたを守ることも斬り捨てることも
できなくて今日もまた、見上げてる星空
知らないで生きるより知って悲しむほうが
いいなんて僕らは痛みに弱いのにね

僕以外の誰も僕をきっと
傷つけることなんてないと知ってる
望む、祈る、願うよりももっと、
欲しがることをやめたくないんだずっと

自分自身に負けないように

平行線だって立ち止まるよりいい
感傷に浸って泣いてしまえるのも

感性の欠片だから

あなたに流れる血や紡ぎだす愛が
つくりだす世界に想いを馳せること
僕らは迷いながら難しいほうを
いつだって選んで傷ついていくんだね


あなたに流れる血や紡ぎだす愛が
流れてくそれでも留めたいと願うよ
僕らは迷いながら難しいほうを
いつだって選んで傷ついていくんだね
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。