05 sNOw sMAll scaLE



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=Shooting Snow 2012
|circle=ふぉれすとぴれお
|vocal=月葉
|lyric=りでー
|arrange=Hull
|original=無何有の郷 ~ Deep mountain
そっと踏みしめる 雪上の足音
誰かが居るのかと 振り返ってみたりもした
寂しいと呟いた 有るのは風だけ
夢や幻のようだと 誰かが言っていた

優しい色の 季節外れの曼珠沙華(ひがんばな)
冬景色を染める 沢山の赤色

今 始まる 走り出す 退屈な日常に飽きて 憂いていた
言葉に詰まるほど 空は透き通って ただ 陽を抱きしめる


ずっと待ち続けた 光の地平線
いつの願い事だとか もう忘れたけど

寂しがり屋の 潰れかけの雪人形
土混じりの 笑顔にさよなら

今 始まる 走り出す 光降り注ぐ大地に 舞い降りた
言葉は決まってる 聞いて欲しかった ほら やっと会えたね


蟠(わだかま)りもあった 素直になれず 時だけは流れ
毎年の雪景色 「嫌いだ」は嘘だから (ようや)く伝えられた


今 始まる 歩き出す 手をつなぐ後ろ姿に 憧れてた
言葉はもういらない 差し出された手を 握りしめて行こう
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。