05 パラグラフ14



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=パライソ
|circle=森羅万象
|vocal=みぃ
|lyric=azuki
|arrange=kaztora
|original=ハルトマンの妖怪少女
生まれたての雛の様に
ただ世界を妄信してる
分かれ道を選べなくても
私からあなたへと
送る14へ進むメッセージ

つまらない事なんて
したくない 仕方ない
「つまる」か「つまらない」
なら なにも「無い」方が楽よ

心から選んだ行き先は
自分の意思?誰の意思?
行きつくその先は
14の文字が待ってる

詩的なページを捲り 虚言を真と詠う
悪戯好きな私の パラグラフがシフトする

下らない事には
どうしてる どうかしてる
「くだる」か「くだらない」か
ほら「無い」方が気持ち楽でしょ

後ろの正面は
誰がいる?何がいる?
振り向くその先に
笑顔の私がいた

保てない自我へと縋り 幸せと信じ笑い
きれいなちょうちょが踊る そんな世界

始まりは終わりの向こう 自分のエゴすら忘れ
生きてた意味も無くして
パラグラフがロストして行くだろう

後を追う 雛の様に
ただ 愚かに世界を進む
分かれ道を選べなくても
あなたには 私だけ
終わりの 14へ行きましょう
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。