02 スターシーカー ~Where no man has gone before.



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=めらみぽっぷ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=恋色マジック
いつか
息詰まるような暮らしの中
描いた夢は

誰にも縛られることなく生きる
私の姿

それはまるで
甘い星型弾(こんぺいとう)のように魅力的で

世界を変えるだけの力を
私は求め始めた

果てしなく続いてく
遙かなる道を
私らしく、一歩ずつ
しっかりと進んでいくんだ―!

Look at the sky.
What a starry night.

小さな両の手では
到底収まりきらぬ無数の星屑たち

全てこの手へと
飛べない私だけれども、いつか、きっと…!



いつか
色を失った暮らしの中
描いた夢は

誰にも命じられることなく生きる
私の姿

それは まるで
眩しい閃光のよう雑じり気が無く

世界を変えるだけの力を
私は探し始めた

自由が、ああ、こんなにも
美しいものなら
燦然(さんぜん)たるその輝きを
この瞳にも宿そう―!

Look at the sky.
What a starry night.

遠く星雲の向こう側を目指し
はては「最後のフロンティア」


夢を追いかける
それは"たられば"ではなく、形を持つ…!


天の川のように。
恋に恋をするように。
あの流れ星のように。

描いた夢
私の全て
ずっと、抱きしめるんだ―!


Look at the sky.
What a starry night.

狭いこの家と、この(しがらみ)と、
そんな全てに逆らって

ここから始まっていく
二つとはない私の物語が

Look at the sky.
What a starry night.

幻想に跨って
そうだ私こそは永遠のスターシーカー

そして星になる
誰の手も届かぬところへいつか、きっと…!

lalala...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。