07 ヘレネの涙



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=異端審問
|circle=豚乙女
|vocal=ランコ
|lyric=コンプ
|arrange=コンプ
|original=ラクトガール ~ 少女密室
木曜の目覚めはまだ気怠い
夢を引きずっていて
金曜の朝には忘れてるよ
それこそが日常

マクベスの野心も
イカロスの愚行も
記された紙は薄く
めくれて忘れゆく

終わりのない時間を刻み
いつしかもう こんな景色
歩むことは忘れること
遺るものが貴方です

幾千幾万の孤独な文字
繰り返しなぞって

アイアスの嘲り
ヘレネの涙にも
光と影が潜み
表と裏がある

「そんなものさ」息を吐けば
いつしかもう こんな景色
遺すものも捨てるものも
選べぬのが人生

終わりのない時間を刻み
いつしかもう こんな景色
歩むことは忘れること
遺るものが貴方です
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。