05 花言の葉



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=コマノエール -全力貢献中!!
|circle=暁Records
|vocal=cheluce
|lyric=ACTRock
|arrange=ACTRock
|original=プレインエイジア
そっと舞う花は私の上ひらひらと 季節外れの花模様
少し寂しくなる声をすぐ近くで聞いているの

同じ色の影 照らす蛍火と 見え隠れしては過ぎた月夜

(君は)

君は遠くへと吹雪く花 触れ合えはしない言の葉
乱れ咲いて寄り添い合うけど 出逢えぬままの 結ぶ 花言の葉

花言の葉なんて君は信じてくれるの?
(うつ)ろな顔に ひらり舞う花に込められてる意味も 掴めずまた月日は去る

二つを一つに繋ぐ花結び いつか時巡り鉢合う夢

(君は)

君は彼方にいる舞う花 想いを馳せる言の葉
叶わぬ夢 わかり合いたいの 歩幅の同じ 二つ残す軌跡
(君は…)

どこかにいる二人背中合わせの 切り裂く二つの刹那 すれ違う
(おぼろ)に咲く花を摘んで大切に包むけど 手のひらの花びらは飛ばされてゆくの

君は遠くへと吹雪く花 鏡合わせの二人
乱れ咲いて寄り添う合うけど 出逢えぬままの 結ぶ 花言の葉
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。