05 春、揺ゆら



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=妖 Blossoms
|circle=あ~るの~と
|vocal=うっちー
|lyric=芳葉
|arrange=芳葉
|original=広有射怪鳥事 ~ Till When?
揺れる桜に (なび)かせた短い髪
歩みは 止められずいる
何処へ向かうか 剣に尋いてみても
この鞘 収まったまま

半分の魂 半分の抜け殻
いつも構えたままの 刃先

揺れる桜に倣い 今日もまた歩き出す
自分は何の為に この世に咲いている
向かい風 受けながら 頬を伝ってく桜弁

立ち止まる度 無責任に背中押す
旋風に 握りしめてた柄は
この手に目釘の痕付けてた
それくらい 馴染んだから

右手の誇り 左の魂
いつしか斬れぬものは なくなってる

揺れる桜に倣い 明日もきっと歩いてる
自分は何の為に この世に咲いている
向かい風 受けても 散ることも知らずに

春が始まり告げる 今日もまた咲いてる
君は誰を想い この世で散って行く
止め処なく 季節が 私を巡ってるから
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。