01 夜螢光 〜 Auld Lang Syne



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=白蟲夢;ヒミツナグモノ
|circle=TUMENECO
|vocal=yukina
|lyric=水中花火;ななつめ
|arrange=tomoya
|original=幻視の夜 ~ Ghostly Eyes
|media=sm12356224
小さな(てのひら)に (あふ)れた淡い光
見上げた遠い空 (またた)箒星(ほうきぼし)
夜に描く 幻視の軌道 揺らめいて

見果てぬ地平に (あかり)(とも)
確かないのちの 在処(ありか)を示す
飛び続けるのに 疲れたのなら
今宵も踊ろう 月明かりの下
まだ 見えない夢を 夜風に求めて


(まばゆ)い街路灯 見えない星の影
伸ばした細い腕 半分の三日月
夜に巣食う ネオンの軌跡 見つめてた

眠らない街に (あかり)(とも)
確かないのちの 在処を示す
開いた掌 頼りなくとも
今宵も踊ろう 摩天楼(まてんろう)の影
ただ (はかな)い願い それでも信じて


二つの影法師(かげぼうし) 二人の舞踏会(ぶとうかい)
広げた(はね) 世界を巡り (きら)めく

果て無き夜空に (あかり)(とも)
あらゆるいのちの 在処を示す
今宵も踊ろう 終わらない夜
繋いだ温もり 忘れないからね
まだ 小さな手でも 輝く彗星
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。