03 灰桜



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|title=灰桜;灰桜(Hardstyle Remix)
|album=三千世界;炸裂アイロニー;暁-AKATSUKI- Singles Best vol.4 〜コノ葉隠レ〜
|circle=幽閉サテライト
|vocal=senya
|lyric=かませ虎
|arrange=Autobahn;でいたらぼっち
|original=東方妖々夢 ~ Ancient Temple
指を瞳を心で形を覚えてる
アナタの視線に 生きがいを得た

抱きしめて 満たして
また足りなくなって
構ってくれなきゃ
ダメになりそう

木に彩った
アタシの理想の優しさは
ただアナタには
無意味な飾り物

視界 記憶
期待の数だけ掠れてる
はらり 愛が
地面に落ちてゆく
風に揺れて
人知れず花は散りぬるを
今宵 アタシ
愚かな灰桜

未だ幽かに聞こえる アナタの低い声
涙で滲んで 乱れる心

アナタだけ それだけ
何も要らなかった
離した その手が
教えてくれた

木に彩った
アタシの色した花びらと
まだ違う色
どうか見つけないで

未来 笑顔
期待の数だけ掠れてる
はらり 夢が
地面を染めていた

頬を伝う
涙人知れず零れても
今宵 アタシ
汚れた灰桜

胸に残る
期待の残骸手のひらに
そっと吐息
世界に散らばった
風に消えて
人知れず灰は散るけれど
未だ芽吹く
哀れな灰桜
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。