03 かくて彼らは桜に踊る



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=東方Lv.20
|circle=石鹸屋
|vocal=厚志
|lyric=秀三
|bass=イガラシ
|drum=hellnian
|guitar=秀三
|original=妖々跋扈
万物の霊長たる人も ただの小動物
幻想の創世神 直のお言葉です
証明完了 故に人(小なり)我々
丸かじり 頭からパクパクするわ

でもやめた くっちゃべる方が何かと良いもんなぁ
でもやめた がっついた方が腹膨れるもんなぁ
手のひらが ギュッて握り締めて離さないモンは
案の定 やっぱ掟 ノーバレットはノーライフ

生存競争ほど真面目ではなく
代理戦争なぞ今日日 流行らず
運命(さだめ) 本能 粗茶・和菓子と同義
我ながら おめでたいオツムに多謝

妖の者が好き勝手 蔓延ってる世界
幻想の創世神 直のお言葉です
あら やだ また 有象無象のさばる始末ね
ほんでは まあ 惰性でコロコロするわ

なんだかなぁ パッと見以外は害は無いんだがなぁ
まあいいか やっちまっとけば仮初めでも平和
手のひらが ギュッて握り締めて離さないモンは
案の定 やっぱ掟 ノーバレットはノーライフ

生存競争ほど真面目ではなく
代理戦争なぞ今日日 流行らず
運命 本能 粗茶・和菓子と同義
我ながら おめでたいオツムに多謝

桜のせいにしちまおう あの桜のせいにさ
ニャロウめ相変わらず 常に上から目線か
桜のせいにしちまおう 甘い蜜の味もさ
見ないフリをしていても 駄目だこりゃ やめらんない
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。