11 風説の行方



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=東方マヨヒガTV~博麗神社☆プロデュース~;Angelic Meister
|circle=SYNC.ART'S
|vocal=仲村芽衣子
|lyric=黒岩サトシ
|arrange=五条下位
|bass=hisashi
|drum=mochi
|guitar=BB
|original=妖怪の山 ~ Mysterious Mountain
影を見せない巧みな振る舞いと
誰も知らないその正体と
取り留めの無い口をつく言葉に
合う平仄(ひょうそく)を掴んだならば

決して見逃すことはない
時がどれだけ経とうと
少しでもその核心へ
迫ることが出来るならば

いつか見える瞬間を確実に写すため
眠ることさえも今は忘れて
それがきっとただ一つ自分だけが掴んだ
ものになることを信じ待ち続ける

裏の取れない風の噂さえも
歯止めの利かない好奇心から
いつの間にやら嘘の中に(まみ)
まことしやかに語られるだろう

それもひとつの真実か
とめどなく生まれ続け
たとえ火のない所でも
見えぬ煙は立つのだろう

偽りさえ聴くことを(よろこ)びだと言うなら
起こし続けよう空虚な風を
明日に舞う意味の無い文字の嵐の中に
望まれたものを見出すこと願い

負い続ける自らの在り方を守るため
どんな罵声でも受け続けよう
溢れ返る情報の波に埋もれぬ様に
一筋の光見失いはしない

いつでも いつでも 追い掛けて
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。