03 汎用合成クラスメイト:宇佐見05号



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=東方compilation CD 萃星霜
|circle=凋叶棕
|vocal=めらみぽっぷ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=科学世紀の少年少女
いつから彼女はそうだろう
どこか皆から浮いている
それもそのはず だって彼女
合成のクラスメイトなのさ

一目じゃ誰にも分からない
歪な科学の申し子よ
低まるバース・レイトの中
ついに叩かれたかその扉


どれほど隠しおおせても
僕には全部お見通し
それもそのはず だって彼女
人並みに外れたその頭脳

その表情ひとつとっても 何もかもを知りたいようで
世界の端から端までの その向こうへと向けている――!


何もかも変わらぬ日常に
全て曖昧な認識に
君というその存在だけが異質な合成品(つくりもの)

天然(ナチュラルボーン)”の僕達に
どれほどいっても馴染めない
僕らと同じにはなれない
君だけが独りぼっち

月日は次第にめぐって
それでも彼女は馴染まない
それもそのはず だって彼女
合成のクラスメイトだから

誰をも必要としない
瑕疵を抱えたそのこころ
だから声をかけたとして
合成の笑顔で笑うだけ

差のあることは悪徳と
僕ら何一つ均整で
それだというに だって彼女
その意図わからぬ能力偏差(パラメーター)

そうだ自分のいるその意味 世界に探そうとするのは
何もかもが決められている以上に“意味”などあるのかい――?


全て平穏な日常に
疑うことなど何もない
君というその存在だけがただ全て掻き乱す

天然(ナチュラルボーン)”の僕達は
何もかもを恐れはしない
僕らと何が違うのだろう
君だけが独りぼっち


君は想う 君は問う
それが合成の心のせいで
何もかもを疑わず 生きていくこともできない
どこまでも どこまでも
君はどうなってしまうのだろう
そんなにも不確かな幸せの理由に縋るようで


なんでもないよな日常に
僕らは何も変えられない
君というその存在だけが全てを壊していく


天然(ナチュラルボーン)”の僕らより
天然(ほんもの)らしい顔をしている
あるいは全てが逆しまでも
君はずっと独りぼっち――?


――桜の下で笑う君。
その笑顔を見るとき、僕は――。


本当の合成品(つくりもの)は――。
もしかしたら僕らの方と、そんな風に思うのだろうか?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。