01 果てなき風の軌跡さえ



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=果てなき風の軌跡さえ
|circle=少女フラクタル
|vocal=天宮みや
|lyric=かませ虎
|arrange=HiZuMi
|original=信仰は儚き人間の為に
|media=ByMkrU6D-uM
人の儚さを断つため
私は奇跡をこの手で掴もう

「温もり」に別れを告げて
私という存在をかき消した
成すべきことだけを見つめて
風と共に結界を破った

常識の海に囚われた私ではなく
海を裂いて、真の道を創れ

今触れた風は幾千の時を超え
当たり前のように 私の子孫にも触れるだろう
そんな果てなき軌跡さえも、この手に…

大切な人が涙し
何もできない 自分がそこにいた
強さの先にある何かを
知りながらも 言葉が見つからない

未来のための行動を
追い求めすぎていた
真の愛を置き去りにしていた

奇跡などここには要らない
そよ風のように穏やかな
飾らない言葉でいいんだ
アナタの微笑みは教えてくれた

たくさんの答えに触れた今
優しい日々を望んだ
果て無き風の軌跡さえも
超える優しさがここにはあるから

特別なチカラは要らない
そよ風のように穏やかな
飾らない命がいいんだ
皆の微笑みは教えてくれた
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。