09 桜色古物語



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=QUALIA
|circle=TAMUSIC
|vocal=美里
|lyric=MAKI
|arrange=KEIGO KANZAKI
|violin=TAM
|original=さくらさくら ~ Japanize Dream...
さくら さくら 何時(いつ)の世も 春の色

いつも此処で思い馳す(はす)あの空を
遠い 遠い 雲間(くもま)から差し込んだ

光は今も昔も変わらずに 私を照らし出し
曖昧な分け身 形成す(かたちなす)

落ちた影の 輪郭のぼやけた陽炎(かげろう) その中に
いつまでも漂う意識

誰か 此処を 暴いて欲しいと願う
けれど それは 何かがひとつ終る(ついる)

春の欠片を 集め呼び起こされる 古い記憶片
バラバラの感情引き出す

あれは 髪の長い少女 今でも手を差し伸べてる
金色(こんじき)の光と混ざる

私は 風を感じ鳥の詩(うた)を聴き 霞立つのよ
柔らかな桜色かな

刹那 花びら舞って 肩にかかる
一瞬の出会い 幾千幾万となぞる

さくら咲く わたしの この上
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。