02 霧の香勾引ふ



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=星影の天の原
|circle=秋の空
|vocal=三澤秋
|lyric=三澤秋
|arrange=Masayoshi Minoshima
|original=妖々跋扈 ~ Who done it!
霞んだ道の上 境界はゆらめき
紫色の霧が包んだ
迷い子の足跡 また一つ隠して
含み笑いが何処から聞こえる

行き場を失い名前も記憶も無くして
手探り彷徨う(さまよう) マヨヒガへの道はすぐそこに

今すぐ 差し伸べる手を取りここにおいで
帰る場所など もう忘れたでしょう?
甘く優しい夢見せてあげる
生命ある限りに踊る宴

咲き乱れる華の遅すぎた春色
花びら千切る指が誘う
迷宮の出口はどこにも見つからず
含み笑いが何処から聞こえる 

色づく桜と手招く闇の向こうには
まだ見ぬ楽園 安らぎに抱かれて朽ち果てる

今すぐ 仮初めの優しい腕の中へ
帰る場所など もう忘れたでしょう?
永遠に続く夢を見せてあげる
生命ある限りに踊る宴
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。