01 必然のカタストロフィ



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=必然のカタストロフィ
|circle=少女フラクタル
|vocal=柚木梨沙
|lyric=かませ虎
|arrange=HiZuMi;tq
|original=亡き王女の為のセプテット
弾けそうなほど 閉じ込めた愛
伝えたい 怖いよ
アナタへのカタストロフィ

私の知らない 感情に触れた
アナタさえいなければ
弱さなど皆無

運命なんてモノ
手繰り寄せればいい
簡単なことでしょう?
その手を伸ばし、さあ…

美しく愚かな胸の痛みを
初めて知った
誰にも話せない 確証の無い
熱を帯びた優しさ

濡れた指先 暗闇の中
それが血でも涙でもいい
隠すだけだから

弾けそうなほど 閉じ込めた愛
伝えたい 怖いよ
アナタへのカタストロフィ

弱さに美学を感じ綴る日々
意味なんて無いことは
分かってるつもり

運命に流され 可哀想な自分が
壊れそうで 儚くて
私じゃないみたい

複雑化してゆく
己の弱さ 言い訳作り
時に見せる無邪気な
アナタの優しさが胸を突き刺す

触れた指先 もう止まらない
心、身体 奪われても
文句が無いほど

弾けそうなほど 閉じ込めた愛
伝えたい 怖いよ
アナタへのカタストロフィ

濡れた指先 もう確かめない
それが血でも涙でもいい
覚悟は出来たわ
弾けそうなほど 閉じ込めた愛
伝えたい いますぐ
必然のカタストロフィ

伝えるわ 今宵は
必然のカタストロフィ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。