04 春風



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=HIEROGLYPH;GRAY
|circle=Liz Triangle
|vocal=lily-an
|lyric=lily-an
|arrange=kaztora
|original=天空の花の都
冷たさで息を潜め 凍えた指を重ねる
抱き合い触れ合った 冬の空を
抑えきれない涙と 抱えきれない感情が
溢れ出して 僕を溶かす

雪は積もり 肌を染める
花は凍え 耐える
それでも このまま 待ち望む
凍り付いた 心を解き放つ 今、キミと

流れる風に木霊して 春に息吹を与える
寂しさは寄せ合う程 温かく連なるから
山を越え街を越えて うららかな風を
新しく撒いた夢を ほら

心地よく晴れた日々と 緩やかに過ごした日が
揺れ合い支え合った 春の空を
穏やかに笑い合うと それ以上の幸せが
溢れ出して 僕を溶かした
冬は覚めて

雪が溶けて 川を作る
花は目覚め 芽吹く
それでも このまま 待ち望む
凍り付いた 心を解き放つ 今、キミと

流れる風に木霊して 春は命を与える
嬉しさを寄せ合う程 温かく連なるから
山を越え街を越えて うららかな風を
最果ての空へ 優しさを 春の風邪を

春を伝え吹抜け 止まる事なく流れ
萌え芽ぐむ木々よ ほころぶ花々よ
キミと風は共に流れ 僕の隙間通り過ぎて
触れる事すら叶わずに 咲いた

そして流れる風は優しく 春の息吹を囁く
嬉しさを寄せ合う程 温かく連なるから
山を越え街を越え うららかな風を
最果ての空へ 春の風が吹く
満開の花咲かせ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。