02 さようなら。ありがとう。



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=Sign
|circle=舞音KAGURA
|vocal=小峠 舞
|lyric=小峠 舞
|arrange=けぇぽん
|original=天空の花の都
何気ないほんの日常(ひとこま)
大袈裟に感動する僕を
キミは飽きれ顔で笑うけど
そんな笑顔だって特別だよ

はらり はらり 揺れる
桜が散る また一つ
茜雲を飛び越えて
Ah キミの知らない場所へと

さよなら また逢えるその時まで
この想いは胸の奥に閉まっておくよ
さよなら なごり雪が降る頃に
またこうして迎えに来るよ キミの街へ

「過ぎた春」思い 夢うつつ
あの人は頑張れてるかな?
なんんて余裕ぶって見せてるけど
本当は逢いたくて もどかしくて

ふわり ふわり 巡る
愛しい季節 約束を
短すぎる春風に乗せ
キミの元へと向かうよ

ありがとう いつまでも愛する人
何年でもキミに逢いに戻ってくるよ
ありがとう 涙もろい僕だけど
不思議なほど強くなれる キミのために

ありがとう いつまでも愛する人
何年でもキミに逢いに戻ってくるよ
ありがとう 涙もろい僕だけど
不思議なほど強くなれる

さよなら また逢えるその時まで
この想いは胸の奥に閉まっておくよ
さよなら なごり雪が降る頃に
またこうして迎えに来るよ キミの街へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。