01 讃えよ桜、憂いよ胡蝶、集う御霊は雪月花



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=SYMPATHY QUARTETTO;CYAN
|circle=Liz Triangle
|vocal=lily-an
|lyric=azuki
|arrange=kaztora
|original=幽雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Border of Life
はらり はらり 花が舞う
死して尚も鮮やかに

庭に積もる花は 桜の欠片
落ちては舞い 積もる新しき春
そして花は 冬に 春を伝え行く
遠のく雲 消える 桜の名残雪

裸足で 駆け出す 止まらない影法師
私の 身には 守るべき誓いの あの花

嗚呼 何時かキミは気づくのか
死に逝く者の 嘆く声が
嗚呼 ふわり ふわり 花が舞う
死して尚も鮮やかに

木々に積もる雪は 私の記憶
解けては消え 積もる純白の花
やがて花は 赤く 姿を染めて行く
遠のく空 消える 桜の名残雪

裸足で にげだす 止まらない影法師
私の 身には 償うべき罪の あの花

ほら 何時かキミは気づくだろう
死に逝く 者の 深き闇に
嗚呼 ひらり ひらり 蝶が舞う
死して尚も狂おしく

夢か現か 此方 彼方
彼岸の香る日々 生と死の狭間で
揺らぐ 想い 揺れる 心
今一度の 誓いと憂いを
抱き花が咲く

嗚呼 何時かキミは 気づくのか
彷徨う 御霊の 向かう先へ
嗚呼 はらり はらり 花が舞う
死して尚も華やかに
いつか キミは 気づくのか
戸惑う 御霊の いずる先へ
嗚呼 ひらり ひらり 蝶が舞う
死して尚も鮮やかに
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。