02 神々の祈り



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=東方華想神月
|circle=舞風-Maikaze
|vocal=沙紗 飛鳥
|original=厄神様の通り道 ~ Dark Road
もし 私が天使で
闇に墜ちて果てる命のほんの少しだけ救い出して
その 光の欠片で
叶う日々があるとするなら君は何を差し出してくれるの?

言葉は いらなくて
私の そばにいて
いつでも求めているの

運命に背くは 誰がため? 迷い傷ついて
強く差し伸べるこの腕に 伝う絆

今 気持ちに臆して
闇の奥で眠る能力にほんの少しだけ負けそうだけど

言葉じゃ 言えなくて
私に 守らせて
いつでも見つめているの

天に響くは 誰の声? 迷い戸惑って
高く紫煙くゆらせる 悪夢の柱

東の方に落ちた月 夜に渦巻いた
厄を振り払えるのは 白き祈り

ただ風に 流される
私の 心さえ
儚く消える篝火

記録残すは 誰がため? ゆらりゆらめいて
御伽話に塗りつぶされし真の扉

運命に背くは 誰がため? 迷い断ち切って
開き永久へ書き記す 明日の翼
最終更新:2019年09月05日 23:12
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。