小ネタ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小ネタ

スタッフクレジット

スタッフクレジットを最後まで見ると以下の文章が流れて来る
(Wikiに掲載するにあたって日本語訳してあります)


End of the credits.
クレジット終了。

No,it's over!Honest!
いや、終わったって!ホントだってば!

Geez,this joke's so old it comes with its own groans.
やれやれ、このジョークは古すぎるな。

On the other hand,some of the very best comedy is based on repetition.
とはいえ、最良の喜劇ってのは反復が基本だしな。

And because we've made a game about a guy on a motorcycle,we're definitely qualified comedians.
んでもってバイクに乗る野郎のゲームなんてものを作った我々はコメディアンの資格がある。

When that dude smashes groin first into a steel beam,that's funn.And classy!
野郎が鉄骨に股間を打ち付けるなんざ面白い上に古典的だろ!

So let's play with it then.
それじゃあ、それで遊んでみよう。

No I'm not gonna do this.
いや、俺はやらないよ。

(red character)
From the management:Apologies.Obviously,we have accidentally left extra space at the end of the credits,and some of it has been wasted by some idiot who just wants attention.Said idiot is now being disciplined by our goon squad.
(ここから赤文字)
経営者より:お詫び。もちろん、クレジットの最後に残った余白は目立ちたがり屋の馬鹿によって無駄使いされたスペースであり、間違って残った物です。言った馬鹿者は現在、我らが愚連隊において懲罰を受けています。

At RedLynx,we're committed to not only entertaining,but also educating our customers. Accordingly,it is our intention to use the rest of this space for purely educational purposes.We will now attempt to use another idiot for this purpose.
Thank you,and have a nice day.
(character red is ended)
RedLynxでは、エンターテイメントのみならず、お客様の教育にも傾注しております。それゆえに、残ったスペースを純粋に教育目的に使う意向です。我々はこの目的のために別の馬鹿者を使ってみようと思います。
では、ごきげんよう。良い一日を。
(赤文字ここまで)

Uh...yeah.Here come hard facts!Education!Ask me anything.I'm just burstin' with that stuff.When I educate you,man,you stay educated.
あー……分かったよ。難題だな!教育!なんでも聞いてくれ。俺は教養ではち切れんばかりなんだ。俺が教育すればあんた教養人になれるぜ。

For example,mass and inertia are pretty much the same thing.
たとえば、質量と慣性はかなり近い物だ。

See?That was easy.You just learned something.I didn't even break a sweat.No,no,you're welcome.
分かる?簡単だったな。あんたは何かを学んだぜ。俺は汗を掻くまでもなかったよ。いやいや、どういたしまして。

You want another one?Check it,i'll go all crazy on you.How's this:
他にも?よーし、あんたには俺が完全にラリってるように見えるかもしれない。こんなのはどうだ?

Planck's constant is used to describe the sizes of quanta in quantum mechanics.It's the proportionality constant between the energy(E) of a photon and the frequency of the electromagnetic wave associated with it (v).
プランク定数は量子力学において量子の大きさを記述するのに使われる。こいつは陽子のエネルギー(E)とそれに付随する電磁波の周波数(v)に比例して一定だ。

Youza!How's that for education,huh?You're probably really impressed right now.I can only imagine how much I have improved your life with that one.The everyday applications of it are practically limitless.
なんだと!教養にどうよ?え?たった今、あんたはたぶんマジで感銘を受けたな。俺にはさっきので俺があんたの人生をどれほど良くしてやったか想像するのみだ。こいつの実用性は無限大なんだぜ。

Oh,hey,here's a good one:
お、ちょっと待て、良いのがある:

The Greek philosopher Chrysippus was a big name in Stoic philosophy,but he was hard up for entertainment.Apparently,he got a donkey drunk and then watched it try to eat figs,and proceeded to literally laugh himself to death.
ギリシャの哲学者のクリュシッポスはストア派哲学の有名人だが、やつは楽しみに飢えていたんだ。聞いたところではロバに酒を飲ませてそいつがイチジクの実を食べようとしているのを見て、文字通り笑い死にしたそうだぜ。

Geez,that dude really could've used a TV.
やれやれ、あのやろうマジでテレビに出れるぜ。

Or,I don't know,a yo-yo.Anything.Anyway,moving on:
あんな馬鹿見たことねえ。何でもいいや、続けよう:

"We only use about 10% of our brains" is not actually true.Well,except for the people who really believe in it,maybe.'Cause they're pretty dumb.
「我々は脳の約10%しか使っていない」なんて実際は嘘だぜ。まあ、その言葉を心底信じているようなやつらは除くが。だってそいつらはマジでアホだからな。

And speaking of dumb stuff,the world will not end in 2012,no matter what an ancient Mayan calendar says.Sure,the Mayans accomplished a lot,but they also practiced regular human sacrifice and tried to make their children permanently cross-eyed because they thought it was cool.All I'm saying is that they wouldn't be the first guys I'd turn to for guidance,you know?
で馬鹿げた嘘と言えば、たとえ古代マヤのカレンダーが何と言おうと2012年で世界は終わらねえよ。マヤ人は確かにいろんなことをやってのけたさ。だがそれだけじゃなく定期的に人間の生け贄を捧げて自分らの子供を寄り目にしようとしたんだぜ。その方がクールなんだとよ。要するに俺の言いたいことってのは、俺が何かを教えてもらおうとした時に最初に頼るのは連中じゃねえってことだ。わかる?

Oh,those Mayans!
あー、あのマヤ人たち!

And finally,here's something really important.If there's only one thing you're going to remember from this amazingly educational experience,make it this one:
最後に、とても重要なことだ。この素晴らしく教養的な体験からあんたが一つだけ思い出すものがあるとしたら、これにしとけ。

You need to destroy the brain in order to stop a zombie.Also,it's no longer your best friend,IT'S A FRIGGIN' ZOMBIE.And don't go back for your dog,no matter how much you love little Fluffy.Sentimentality will absolutely get you killed when zombie apocalypse comes.I can't emphasize this enough.
ゾンビを止めるには脳みそをぶち壊せ。そいつはもう親友じゃねえ、クソッタレのゾンビだ。あと、その小さなふわふわなやつをどんだけ愛していたとしても飼い犬のために戻るなよ。ゾンビ黙示録が起こった時には感傷的な行動は間違いなくあんたを殺すぜ。これは強調しきれねえな。

That's it.I'm done.That's enough.Can I go home now?
以上、これで終わり。十分だ。もう帰っていいか?

Hello?
もしもし?

Guys?
みんな?

Sir?
旦那?

Anyone?
誰か?

Mommy?
ママ?

I'm..I'm so alone.
僕……僕1人ぼっちだ。

(character red)
Memo to self:get better idiots.
(赤文字)
個人メモ:もっとマシな馬鹿を見つけよう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。