宰相の手ほどき

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ作成:秘書官団

部品構造


  • 大部品: 宰相の手ほどき RD:5 評価値:3
    • 大部品: 剣の手ほどきを受ける RD:2 評価値:1
      • 部品: 奇妙な動き
      • 部品: 防御技術の上昇
    • 大部品: 魔法の手ほどきを受ける RD:2 評価値:1
      • 部品: 小さな光
      • 部品: 魔法の知識
    • 部品: 手ほどきを受けた者



部品定義


部品: 奇妙な動き

宰相から剣の手ほどきを受けたことがある。奇妙なぐにゃぐにゃとした動きで、それでも不思議なほどこちらからの攻撃ははじかれて通ることがなかった。

部品: 防御技術の上昇

手ほどきしていただいたその動きを思い出して何度も訓練を重ねていくと、最初は剣を打ち込まれることも多かったけれど、やがて通常の間合いでの打ち込みははじけるようになった。

部品: 小さな光

宰相から魔法の手ほどきを受けたことがある。それは本当に小さくつぶやかれた呪文と、そこから生まれた可愛らしいほど小さな光。受け取ったら消えてしまったが。

部品: 魔法の知識

それ以来、見えなかったはずの魔法というものが見えるようになった。宰相から魔法についてのレクチャーも授けられた。不可視ではいけない、と宰相はいった。あるかないかを知ることができれば、正しい対処法はそれに詳しい者を探せばよいのだ、と。

部品: 手ほどきを受けた者

当然ながら、この剣技の教えと魔法の教えは宰相から直接教わった者だけが知るものである。秘書官にのみ許された知識であるらしく、秘書官を辞したかつての同僚に尋ねてみたところそんな手ほどきを受けたこと自体を記憶していなかった。



提出書式


 大部品: 宰相の手ほどき RD:5 評価値:3
 -大部品: 剣の手ほどきを受ける RD:2 評価値:1
 --部品: 奇妙な動き
 --部品: 防御技術の上昇
 -大部品: 魔法の手ほどきを受ける RD:2 評価値:1
 --部品: 小さな光
 --部品: 魔法の知識
 -部品: 手ほどきを受けた者
 
 
 部品: 奇妙な動き
 宰相から剣の手ほどきを受けたことがある。奇妙なぐにゃぐにゃとした動きで、それでも不思議なほどこちらからの攻撃ははじかれて通ることがなかった。
 
 部品: 防御技術の上昇
 手ほどきしていただいたその動きを思い出して何度も訓練を重ねていくと、最初は剣を打ち込まれることも多かったけれど、やがて通常の間合いでの打ち込みははじけるようになった。
 
 部品: 小さな光
 宰相から魔法の手ほどきを受けたことがある。それは本当に小さくつぶやかれた呪文と、そこから生まれた可愛らしいほど小さな光。受け取ったら消えてしまったが。
 
 部品: 魔法の知識
 それ以来、見えなかったはずの魔法というものが見えるようになった。宰相から魔法についてのレクチャーも授けられた。不可視ではいけない、と宰相はいった。あるかないかを知ることができれば、正しい対処法はそれに詳しい者を探せばよいのだ、と。
 
 部品: 手ほどきを受けた者
 当然ながら、この剣技の教えと魔法の教えは宰相から直接教わった者だけが知るものである。秘書官にのみ許された知識であるらしく、秘書官を辞したかつての同僚に尋ねてみたところそんな手ほどきを受けたこと自体を記憶していなかった。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "宰相の手ほどき",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "剣の手ほどきを受ける",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "奇妙な動き",
             "description": "宰相から剣の手ほどきを受けたことがある。奇妙なぐにゃぐにゃとした動きで、それでも不思議なほどこちらからの攻撃ははじかれて通ることがなかった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "防御技術の上昇",
             "description": "手ほどきしていただいたその動きを思い出して何度も訓練を重ねていくと、最初は剣を打ち込まれることも多かったけれど、やがて通常の間合いでの打ち込みははじけるようになった。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "魔法の手ほどきを受ける",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "小さな光",
             "description": "宰相から魔法の手ほどきを受けたことがある。それは本当に小さくつぶやかれた呪文と、そこから生まれた可愛らしいほど小さな光。受け取ったら消えてしまったが。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "魔法の知識",
             "description": "それ以来、見えなかったはずの魔法というものが見えるようになった。宰相から魔法についてのレクチャーも授けられた。不可視ではいけない、と宰相はいった。あるかないかを知ることができれば、正しい対処法はそれに詳しい者を探せばよいのだ、と。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "手ほどきを受けた者",
         "description": "当然ながら、この剣技の教えと魔法の教えは宰相から直接教わった者だけが知るものである。秘書官にのみ許された知識であるらしく、秘書官を辞したかつての同僚に尋ねてみたところそんな手ほどきを受けたこと自体を記憶していなかった。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月20日 20:10