情報を集める

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たくさん知りたい


“この人の呟きがみたい”“どこでどんなことが起こっているのか知りたい” 
このような希望をかなえる機能は?

目標課題


  • 自分に必要な情報を得たい

解決方法・意義


  • ハッシュタグを利用する
ハッシュタグとは、同じイベントの参加者や、同じ経験、同じ興味を持つ人の呟きをまとめる機能である。
同じ興味を持つ人などが集まれば、その興味ごとに関しての呟きを中心に見ることができるだろう。
ハッシュタグによって必要な情報や得たいと思っている情報のクラスタを一覧することができる。

  • 検索
Twitterでは、単語やフレーズ、ユーザー名、先に紹介したハッシュタグなどからそれらが含まれる呟きを検索することができる。
また、Twitterならではの検索機能として、呟きがされた地名や、ポジティブ・ネガティブ・疑問形の呟きなども検索することができる。
特に現在地の近くの呟きを発見することが可能という点で、より身近で起こっている出来事や実際に自分の目で確認できることについての
情報を得ることができるかもしれない。
Twitterを駆使することで誰でも情報通(?)になれるだろう。


関連情報・コラム

  • 呟きに現在地の情報が付加されることには欠点もある。
呟いた人がどこにいるかわかってしまうために、よく有名人などは目撃情報を一般人に呟かれて
騒動になるということがある。
誰かに呟かれても大丈夫なように、家を出るときは行き先を家の人に正直に伝えよう。
あとで行き先がばれて痛い目を見ることがあるかもしれない。
最終更新:2012年01月26日 04:21