リアルタイムでの交流

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リアルタイムでの交流


リアルタイムでTwitterを利用する

目標課題

  • メール感覚でフォロワーと交流したい
  • Twitterを外出先からでも見たい

解決方法・意義


  • UserStream機能のついたクライアントを使おう
 Twitterは普通、数分に1回で自動的に更新してタイムラインを更新している。
 そのため、タイムラインの流れが早く、すぐにログを追いたい場合は手動での更新が必要になる。
 しかし、Twitterのクライアントの中には「UserStream機能」を持つものがある。
 この機能を持つクライアントでは、フォローしている誰かがツイートしたとき、
 更新することなく瞬時にそのツイートがタイムラインに現れ、閲覧することができる。

  • 携帯・スマホからTwitterを使おう
 Twitterの閲覧、利用ができるのはパソコンからだけでない。
 携帯端末のWebや、スマートフォンのWebおよびアプリからもTwitterを利用できる。

  • メールでツイートしよう/通知を受け取ろう
 携帯からモバツイ(携帯用Twitter公式サイト)にログインすると、
 ページ下部に「メールでツイート」という項目がある。
 これをクリックするとメールアドレスが表示されるので、
 このアドレス宛にメールを作成し、本文にツイートしたい内容を入れて送信すると
 ツイートが投稿される。
 また、携帯メールに通知が来るように設定をすることで、
 リプライやDMが送信されたときにメールが届くようになる。
 (詳しくはコラム「ツイート通知を受け取る」で)

関連情報・コラム

  • UserStream機能を持つクライアント
 Tweenなど(編集、加筆待ち)

  • メールからのツイート
 指定されたアドレスにメールを送るだけでツイートが投稿されるのはとても便利である。
 しかし、携帯のアドレスであれば、どのアドレスから送信しても投稿できてしまうため、
 このメールアドレスの管理は、パスワード同様に慎重にしなくてはならない。

  • 「ツイート通知を受け取る」
 携帯からモバツイにログインして各ユーザページを閲覧すると、
 ページ下部に「ツイート通知を受け取る」というボタンがある。
 これを有効にすると、そのユーザがつぶやいたツイートが全てメールとして届くようになる。
 一見便利であるが、ツイート数の多い人の通知を受け取ろうとするとメールボックスが一杯に
 なってしまう恐れがあるので、注意しよう。
 (最初から受け取らない設定である可能性もある、詳しくは以下参照)

 なおこの設定は、モバツイの「詳細設定」から変更することができる。
 リプライやDMの受け取りに関してもここで変更ができるので、
 普段携帯でTwitterを見ない人も一度設定を確認しておくことをお勧めする。
最終更新:2012年01月30日 00:37