つぶやくネタ探し

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

つぶやくネタ探し


ツイートボタンからつぶやけ

目標課題


  • 何をつぶやいていいのかわからない
  • つぶやく話題が見つからない

解決方法・意義


  • トレンドを利用しよう
Twitter公式サイトには、最近多くの人が呟いているであろうワードが自動でピックアップされています。
そのワードを選択すれば自動的に検索してくれます。
まずはそのような話題になっていることについての記事を見つけて、それについての意見や感想などを
一言でいいのでつぶやいてみましょう。
思ったことを流れるようにつぶやくようになれるはずです。
  • ニュースサイトやブログのツイートボタンから
に紹介したことの拡張で、日頃よく目にするニュースサイト(Yahoo)などで見かけたことについて呟いてみる、
ということも考えられます。
どれもTwitterの使い方として間違っているわけではありません。
積極的に呟いていくことが大切です。

関連情報・コラム

  • 広告・宣伝
Twitterの呟きにはURLが付加されているものがあります。
会社や企業、もしくは個人が自分のサイトなどの宣伝のためにURLを付加しているのです。
また、個人のレベルで「このサイトをみんなに見てほしい」といったことからURLを付加する場合もあります。
このように、自分のブログなどをTwitterで宣伝することもできます。
しかし、あまりに宣伝がしつこかったり、URLへのアクセスを強要するものであったりすると
フォロワーの反感を買いブロックされるなど、宣伝が逆効果となることがあるので気を付けましょう。
自分のブログなどを宣伝したいのであれば、宣伝用のアカウントを新たに作ったり、
プロフィールにその旨を記入しておくなど、あらかじめ宣伝であることをアピールするほうが
反感を買いにくいと思われます。
  • どうでもいいこと
Twitterの本質は「どこでも」「なんでも」呟けることです。
意味がないと思われることでも呟いてみましょう。
何か反応が返ってくるかもしれません。
最終更新:2012年01月30日 02:00