用語 > はーい論破しまーす

はーい論破しまーす とは

2017年4月の高田健志との1年ぶりの共演の際に行われた加藤純一の演説の冒頭部分。
おかしくなり始め空回りする加藤純一を象徴する一言として、加藤純一を嘲る意味で使われる。

概要

2017年4月29日、加藤純一が出演するニコニコ超会議の壇上に高田健志が飛び込み出演する。その際、高田健志の煽りに釣られて的外れな数字至上主義を展開する。
(公式を意識するようになって加藤純一は面白くなくなったという高田健志の意見に対して)
加藤「じゃあ分かりました、僕がここで論破します!
   頭の悪い人はよくそういう風に小難しく考えるんですけど、
   あのー主観ってあるじゃないですか。面白い・楽しい・気持ち良い。
   こういう主観的データを他人と共有するとき、一番用いて必要なものっていうのは
   "数字"なんですよ。」
黒人「はい。」
加藤「ホントに、くだらないバカの主観より世の中みんなの数字。
   これが本当に真理なんですねー。」
石川「うんこちゃんうんこちゃん…。」
高田「ガチになっちゃってるよ誰か止めて…。」
加藤「例えばテレビで視聴率取ってる番組と取ってない番組があって、
   どっちが面白いですかって言われたときに、数字取ってる人が一番面白いんです!
   これはドワンゴの社員も分かってます!
   なので僕の出番がこんだけ増えて高田くんはニコラジにも呼ばれてないんです!!
   それが事実なんです!!どうでしょうか国民の皆さん!!」

なお、この発言はこれまでのうんこちゃんとしての発言さえも否定する内容であり、2.17事件の影響も合わせて古くからの信者衛門が離れていく要因となった。
放送で共演する他の配信者らも尽くこの発言については苦笑しており、加藤純一は今では腫れ物に触るような扱いを受けている。そもそも共演する配信者と言えば、黒人をはじめ高田との親交が深いメンバーばかりであり、論破する以前に状況すら理解できていなかったと言える。
「数字=面白さ」というこの発言は「自分より数字のある実況者」への完全な敗北宣言である。実況者として頂点から程遠い位置にいる加藤が数字理論を持ちだした事で得たものは、「高田には勝っている」という陳腐な評価だけであり、結果的に自らを弱者と認める話になってしまったのである。
同期で後輩扱いしているもこうこと馬場豊にも、イベント来場者数・視聴者数で比較にもならないレベルで負けている。

初出


タグ: 加藤純一
最終更新:2020年12月20日 16:55