※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】ザ・キング・オブ・ファイターズシリーズ
【ジャンル】小説(ライトノベル)
【名前】マキシマ
【属性】身体の八割を機械化したM型サイボーグ
【大きさ】2mの屈強な大男、体重204kg
【攻撃力】力を入れたように見えないショートフックでもヘビー級ボクサーの
     フィニッシュブローに匹敵する破壊力。
ストレート:火薬の爆発力で加速させ、威力を増したストレートパンチ。
      訓練された兵隊に放った際、掠っただけで自動小銃をぐしゃぐしゃにし、
      そのまま兵隊にも命中させて10m以上ふっ飛ばして即死させた。
マシンガン:右腕に内蔵。普通のマシンガン。
FML:正式名ファイナルマキシマランチャー。自分のストレートを口に中にぶち込まれても戦闘可能な
    3mのライオンを一瞬で蜂の巣にしたガトリングガン。左腕に内蔵。
    一回使用(数秒連射)すると内部機構が破損して使えなくなるが、破壊力はその分高いらしい。
【防御力】頭蓋骨は特殊金属製。普通の人間なら顎が砕け、眼底骨折に加え頭蓋骨にひびが入る
     頭突きの連発でも傷が入らない上、普通なら最初の数秒で死ぬラッシュでも平気。
     自動小銃を大量に連射されて数百発以上直撃しても平気で、逆に銃弾の方がひしゃげるほど。
【素早さ】反応自体はK’、およびクーラが反応出来ない攻撃を格闘間合いで掴み止められるほど。
     挙動はライオンにマウント取られても互角に格闘可能な程度なので、普段はそういった行動は出来ない。
     ただし、M式動力炉の出力を上昇させれば移動以外の挙動も
     K’、クーラを上回る速度となり、上記の攻撃を掴み止められるようになる。
【特殊能力】三分限定でM式動力炉のリミッターを解除して出力を上げられる。
      それ未満の時間なら任意で再度リミッターをかけることが出来ると思われる。
      三分立つとしばらく(数十秒)動けなくなり、その後も数十分は挙動に影響が出る。
      (どの程度影響が出るかは不明)
      「リミッターを外した際のマキシマのパワーは、この世のあらゆる生物のそれを凌駕する」
      の一文から、少なくとも像とタメ張れる程度はあるのだろう。
【長所】硬い。パワーもある。
【短所】スピードはない。
【備考】脳も大半が機械化されている。一切睡眠無しで100時間は動ける。
【戦法】リミッター解除から即FMLぶち込む。

【参考】
【名前】クーラ
【素早さ】拳が届く位置から超音速の鞭を放たれた後に手刀で弾くレオナとほぼ同等。
     完全に見えない状態の車内から、フロントガラスに張り付いているときに
     デザートイーグルぶっ放されても瞬時に小さな氷を生み出し、銃弾を
     琥珀の中の羽虫のように包み込んで、その後に掴み止める反応。

【名前】K'
【素早さ】数メートル程度の距離から銃弾が発射された瞬間、残像だけを残して接近。二発目が発射される前に銃を蹴り上げ、
     同時に地面に顔を叩きつけて人間を気絶させた。
     フロントガラスに張り付いている時に、ヒビだらけでほぼ見えない状態の車内から銃弾を撃たれても、
     瞬時に生み出した氷で防御できるクーラと同等に戦闘。



2スレ目

651 :格無しさん:2009/04/12(日) 17:34:03
マキシマ考察

○○○ブライマー~アンパンマン号 FML勝ち
△ハウザー FMLでも殺せずリミッター解除してようやく互角の攻防なので倒せない
○愚地克巳 FML勝ち
△△あのあれ、赤夜萌香 タフで力も強いので分けがやっと
○ピエロ FML勝ち
△ウィザードゴースト 不可視分け
×イナズマ突撃兵 斬られ続けて負け
△なつめ 当てられない倒されない
×スネ夫 見えないため攻撃が当たらない 不意打ちされるので不利
○ストレイボウ FML勝ち
△キバットバットⅢ世 齧られても大丈夫だが倒せない そもそも当てることすらできない
×かむろ 幻+津波負け
△アーダン 攻撃しても回復されてしまう 相手の攻撃はかわせる
×夜の顔 大きさ負け

ウィザードゴースト>マキシマ>ピエロ

車~戦車と戦車~山脈破壊の数が増えたので新しい壁が欲しい