アラタカンガタリ 用語

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アラタカンガタリ~革神語~」では、“劍神(ハヤガミ)”という武器があり、その使い手を“鞘(ショウ)”と呼ぶ。
ここでは、そんな“劍神”を紹介する。
※劍神の「神」は、正式には旧名「示申」です。


  • 地名
    • 天和国(アマワクニ)
    • 流刑島(ガトヤ)
    • カグツチ
    • ミツハメ
    • スズクラ
    • 玉依ノ宮(タマヨリノミヤ)
    • ヤマタ
    • カセフノ
    • ハニヤス
    • ウツロイ

  • その他
    • 采女(ウネメ)
    • 大王(オオキミ)
    • 十二神鞘(ジュウニシンショウ)
    • 六ノ鞘(ロクノショウ)
    • 神意(カムイ)
    • 天通力(アマツリキ)
    • 属鞘(ゾクショウ)
    • 降し合い(くだしあい)
    • 顕れたまえ(あらわれたまえ)
    • 鎮まりたまえ(しずまりたまえ)
    • 浮船(ウキフネ)
    • 鬼化(おにか)
    • 鬼神(おにがみ)
    • 花降(ハナフリ)
    • サンスケ
    • ミチヒノタマ
    • 日輪ノ大王(ひのわのおおきみ)
    • 魂銷のるつぼ(こんしょうのるつぼ)
    • 巡礼者(じゅんれいしゃ)



トップページアラタカンガタリ


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。