英戦闘機

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

英戦闘機

Gloster Aircraft Company SeaGladiator(シーグラディエーター)

Lv:40   速度:560
価格:390  攻撃:100
容積:60   視野:895
耐久:214  準備:10.00秒
防御:28   航続:約153秒
英一次戦。
旧式感が漂う複葉機。攻撃力は平凡、速度は五位となんとも頼りない。
戦闘機としては速度が遅すぎ、爆撃機や速度型偵察機にすら劣るため、敵機に食いつかせるのが難しい。
そのためLv60になったら迷わずシーハリケーンに換装したほうが良い。
局地戦が実装されてからはほぼいらない子になりつつある。
余談
昔は初期4カ国(米英日独)の一次戦で最高の防御を誇る機体だった。
英国はその特徴どおり防御値の高い機体が売りだったのだが、
その座は米に奪われ平凡な防御値に落とされている。
航続が各国に比べ短く、攻撃・防御値も平凡、【戦闘】にボーナスも無し。
良いところが一切無くなってしまい、戦闘機最弱国に甘んじる事になった。

Hawker Aircraft Ltd. SeaHurricane(シーハリケーン)

Lv:60   速度:600
価格:430  攻撃:115
容積:80   視野:867
耐久:189  準備:11.00秒
防御:26   航続:約138秒
英二次戦。
速度が向上し実用性がかなりあがる。
戦闘機で行なう様々な任務に対する自由度が高くなるので、
運用スタイルによっては局地戦より使い勝手が良くなる。
航続時間は他国に比べ短いので、燃料切れには注意する必要がある。

Supermarine Aircraft. SeaFire(シーファイア)

Lv:75   速度:630
価格:460  攻撃:155
容積:100  視野:845
耐久:179  準備:12.00秒
防御:24   航続:約132秒
英三次戦。
速度は三次戦内で下位になるが、差は少ないので実用面に大きな不利はない。
能力的なバランスは取れているのだが、
低めの防御値と短い航続に泣かされる事もある。

Hawker Aircraft Ltd. Tempest(テンペストF.Mk II)

Lv:100  速度:650
価格:490  攻撃:190
容積:120  視野:820
耐久:169  準備:13.00秒
防御:23   航続:約121秒
英四次戦。
高い攻撃力と速度で撃墜能力に優れるが、防御力と航続の短さが玉に瑕。

F5U MarkI

Lv:40~74 速度:700
価格:440  攻撃:388
容積:120  視野:542
耐久:171  準備:7.20秒
防御:18   航続:約50秒
英局地戦。
Lv40という戦闘機パイロットを作った直後から使えるため1次戦は最早いらない子。
だが極端に短い航続時間で、知らぬ間に燃料切れで墜落なんてことがしばしばある。
旧い英の伝統を保ち局地戦として高い防御を持つが、そのほかは最低値。
とはいえ数値の差はあまり目立たず、実際の使用感は他国のものと大差ない。
その非常に高い攻撃力をもって、短期間に敵機を次々と屠っていくが、
反撃を受けるとわりとあっさり落とされる。
余談
愛称はフライングパンケーキ。空を飛ぶ姿がパンケーキに似ているから。
その特異な形状でなんとも不思議な空力を生み出し、短距離離着陸を実現。(離陸距離は6mとの記録がある)
しかし、ジェット機へと移り変わろうという時代にプロペラ機は不要ということで、試作段階で開発は中止された。
ちなみに米戦F4Uコルセアを開発したヴォート社が、次期主力として開発していたのでF5Uの型番が与えられている。
本来はアメリカ製なのだが、なぜかイギリス機として実装される。
イギリス兵器には妙な物が多くあるせいかもしれない。

航空機紹介へ戻る・英偵察機へ・英雷撃機へ・英爆撃機
他国戦闘機:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。