※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

@wikiへようこそ

  • ウィキはみんなで気軽にホームページ編集できるツールです。
  • このページは自由に編集することができます。
  • メールで送られてきたパスワードを用いてログインすることで、各種変更(サイト名、トップページ、メンバー管理、サイドページ、デザイン、ページ管理、等)することができます

相対性理論(そうたいせいりろん, 独: Relativitätstheorie)または相対論(英: relativity)は、1905年に発表された特殊相対性理論と1916年に発表された一般相対性理論のこと。 

両者はいずれもアルベルト・アインシュタインの創始した理論で、互いに、等速運動する座標系の間では物理学の法則が不変な形を保つという原理(相対性原理)と、光速度不変の原理を仮定したときの物体の運動を記述する。前者は慣性系についてのみ記述し、後者は加速運動する系や重力場の効果を含めて一般化した理論である。
目次
[非表示]

   * 1 命名
   * 2 日本での名称
   * 3 脚注
   * 4 関連項目

命名 [編集]

1908 年、ドイツの理論物理学者、マックス・プランクは、相対性理論という語を作り、どのように特殊相対性理論(のちに一般相対性理論も) 相対性原理を適用するのかを説明した。アインシュタインは不変性理論にしたいと思っていた[要出典]。なお、この”不変”は光速度不変の原理での不変を念頭に置いてのものである。
日本での名称 [編集]

大正年間に相対性理論が日本語に翻訳された時に、「相対(あいたい)」が男女の仲を意味し(「相対死に」は心中の意味)、かつ“性”の字がついていたため、世間の誤解を招いた。例えば、京都大学の教授が行なった講演会に対して社会的非難をあびせられたという。また当時の女子学生が相性の本と間違えて相対性理論の本を買い求め、その結果相対性理論に関連した書籍がベストセラーになるという珍事すら起きている。[要出典]そのため当時は「相対原理」と訳した学者が多かった。

相対性理論は、当時アインシュタインが最初に提唱した論文Zur Elektrodynamik bewegter Körperに対して使われたもので、後の一般相対性理論の発表により、特殊相対性理論に名称が変更された。[1]
それにより相対性理論は、書籍などでは、特に特殊相対性理論を指して使われる場合が多い。逆に一般相対性理論の場合は、相対性理論の前に、「一般」が付けられる場合が殆んどであり、一般相対性理論の意味で相対性理論と呼ばれる事はまず無い。[1]

まずはこちらをご覧ください。


分からないことは?

等をご活用ください

@wiki助け合いコミュニティの掲示板スレッド一覧

#atfb_bbs_list

その他お勧めサービスについて


おすすめ機能


その他にもいろいろな機能満載!!


バグ・不具合を見つけたら? 要望がある場合は?

お手数ですが、メールでお問い合わせください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。