※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

wizpy(ファームウェア)内の画面データを任意の画像に置き換える


注意事項

動作確認は行っていますが、すべての環境での動作を保証はできません。
またファームウェアの改造を行った場合、メーカ保証の対象外となる可能性があります。
動作確認済ファームウェア : v1.16


書き込み可能な画像について

  • 24bitカラーもしくはアルファチャンネル付き(A8 R8 G8 B8)32bitカラーの無圧縮BMPファイル
  • wpgetimgで取得した画像データのファイル名と画像サイズ(ドット数)が一致すること


手順

1. ファームウェアから標準デザインの画像ファイルを抽出

wpgetimg [ファームウェアファイル名] -l [リストファイル名]
※リストファイルはツール添付の「imgmap.txt」を指定して下さい

2. 作成されたBMPファイルを別のディレクトリに退避

3. お好みのツールで2.のファイルを書き換え
※ファイル名は変更せず、24bitカラーもしくはアルファチャンネル付き(A8 R8 G8 B8)32bitカラー無圧縮BMPで保存して下さい)

4. 書き換えたBMPファイルをwpputimgと同一のディレクトリにコピー

5. 書き込みツール(wpputimg)を使用してファームウェアに画像データを書き込み

wpputimg [ファームウェアファイル名] -l [リストファイル名]

6. 画像を書き換えたファームウェアを使用してwizpyをバージョンアップ


書き換え手順の一例

wpgetimg WIZPY_20080918_V1.16N.RSC -l imgmap.txt
(画像編集)
wpputimg WIZPY_20080918_V1.16N.RSC -l imgmap.txt


ツール

wpgetimg/wpputimg - 画面デザインデータ読み出し/書き込みツール


WizpySkinUty




画面書き換えサンプル(ツール開発者提供)

初音ミク風スキン
※画面デザインデータ読み出し/書き込みツールのv002a以降を使用して下さい


ユーザー作成の他のサンプルスキンは下記ページ参照



  • 分からんから動画が欲しい -- u (2009-02-22 02:33:33)
  • 言うまでもないがショートカット作っておくと便利だな -- 名無しさん (2009-03-08 15:41:17)
名前:
コメント:
最終更新:2009年06月07日 11:17