※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5月30日放送

福「はやいもんですねぇ」

オープニング

「あ、あっあ゛っあ゛、ア゛マ゛ノ゛グン゛!!」
キャイーン・ウドのモノマネ
DのNさんが今回で最後になります。3年間、あっという間でしたねぇ。
金曜生チューが始まるんですーと喫茶店のオバチャンに離しかけたのがまるで昨日のことのよう。
2002年に行なったアバンティリアルの写真が出てきました。
福「すごいで、変わってるわ、色々と」
徳「昔の写真見たら、俺も変わってるけど、福田の変わりようが凄いわな」
自分の服装に驚きを隠せない徳井。
光の加減でこういう変な写りかたをするパンツだったもよう。
当時はbaseブームだった時期。一組だけでこんなにもお客さんが集まっていたとは。
セトくんの結婚式直前で、会場のお客さんにセトくんを祝ってもらうということがあった。
留守電の話。ドラマの再放送を見ていたら、すごく面白かった(水曜の情事)。
今のドラマと違う。昔のドラマは本当に面白い。
原宿のトークライブで、「想い出にかわるまで」というドラマがムチャクチャ面白いと語っていた徳井。
今のドラマは継続して見ていくのはムリ。じっくり見てられない(面白くない)。
日常からかけ離れすぎて感情移入が出来ない。
橋を渡る(不倫相手の所へ行く)か渡らないかの些細な葛藤が面白い。
こういう些細な心の動きが省略されて、色々な大きなことが起こりすぎている。
演出が素朴(BGMや加工が少ない)でもすごく神がかっている。
騙されたと思って古いドラマを見て欲しい。それでも理解できないならジェネレーションギャップかもしれない。
俳優云々ではなく、ドラマの登場人物として一人ひとりを見て欲しい。
お笑いに関しての若さは保っておきたい。常に若いお兄ちゃんに笑ってもらえるようにいたい。


週刊リアル情報局

→徳井さんはまだガリガリ部に入部しているんですか?

※ガリガリ部=アイス・ガリガリ君のオフィシャルファンクラブ
キョートリアルのオンエア中で入部した。

5月11日
[ガリリッチロイヤルミルクティー明日発売]

http://akagi.db-magic.jp/akagi/brandlineup/series_10000.html
ガリガリ君にこんな沢山シリーズがあるなんて。
ガリガリ部に入ると『ガリガリ部応援歌』というものがダウンロードできる。

→私物にお金をかけているものは?逆にかけていないものは?

フェラーリ4000万円でも、お金を持っている人であれば大したものでもないのかもしれない。
クルマに金をかけるのは理解できるチュート。
ファッションもちょこちょこ買うが、そこまでお金をかけているわけではない。
福田のお金を掛けているものは、バイク。
いつか外国車に乗ってみたいという夢があった福田。
ベンツをやっと手に入れたときはムチャクチャ嬉しかった。
でも女性がブランド物にお金をかける気持ちは理解できない福田。
男女問わずコレクターの心境。
先日バイクを引き取って、お台場付近のパーツ屋へ行き、その駐車場に自分のバイクを停めた福田。
すると来るライダーが皆、福田のバイクに振り返る。
いいバイクを持っているのに、タイヤがズルズルになるまで走ることは無い福田のバイク。
男として格好悪い。
いずれ欲しいものはフェラーリな徳井。
とりあえずお金を掛けるならクルマぐらいしかぱっと思い浮かばない。
徳「あと…海沿いの別荘!」
コレを買ってしまったら、人生において買う物が無い。
家とクルマが男の最終目標。物欲がどんどん無くなっていくのでそれしかなくなってしまう。
ゲームは大人買いできるようになると欲しくなくなる。
X-box360のブルードラゴンを2007年のM-1前に麒麟川島のススメで購入した福田。
結果がどうであれ、終わったらブルードラゴンに打ち込もうと思っていたが、未だに開封すらしていない。
楽しみは最後まで取っておくタイプの福田。
小学校の頃から既にそれは完成していた(徳井談)
マンガやドラマの最終話だけ見ずに置いておく。


福田のテレホンクエスト

長崎県「おひさ」
「うううう~~~ん。ミルちゃんでーす」
「不思議キャラ、じゃないよ。不思議キャラをつけた覚えは無いよ」
福「元気にしてたか?」
「そうだよ、元気にしてたよ。色々あったよ」
「とにかく今は佐世保で暮らしているよ」
「缶詰の工場で働いてるよ。1歳半になる子どもと暮らしているよ。(名前は)テツオだよ」
福「意外とふつうやね」
「何でそんな事言われなきゃなんないの。テツオ今寝てるよ」
福「旦那さんは」
「旦那のことは話したくないよ。離婚したよ。ウチにお金を入れないからだよ。だんなの実家のある佐世保に来たんだよ。だってもう帰る金がないんだよ。お金貸してー」
「いくらでもいいからお金貸してー。いいからお金貸してよ。いくらでもいいから。10万入れて」
「入れてよー!!10万入れて!!昔からのリスナーを捨てるなよー!!」


(新)みんなはじめはバージンだった

『30歳で童貞を卒業したその日に、性病になりました』

『私が初めて見たチュートのネタは、おばあちゃんを轢くネタでした』
オールザッツはウケなかったけど、劇場では結構人気のあるネタだった。
またリメイクすれば面白いネタになるかもしれない。
徳「今度は下りや」福「走り屋かぁ!」

『原付バージンは、友人の走る自転車に抜かれ、「遅いわ」と言われるほどでした。15km/hぐらいしかスピード出てなかったんだと思います』

ベストバージニスト賞は『私が初めて見たチュートのネタは、おばあちゃんを轢くネタでした』に決定!
この次に出たネタが手打ちうどんの島に漂流するネタだった。


エンディング川柳

『休み時間 終わった途端 声嗄れる』


ネタジングル

  • 「口笛はなぜ遠くまで聴こえるの?」ハイジの質問に対しておじいさんはどう答えた?  食い気味で「なんでオレに訊くねん!」
  • 一回200円のガチャガチャの景品で、子どもが全く食いつかないものとは? → 数珠
  • 仮面ライダーの新しい必殺技に抗議殺到。どんな技だった? → 明らかに組織を使った
  • ブレーキランプ6回点滅は何のサイン? → 恨みつらみ



5月23日放送

徳「いや~お世話になったものとのお別れというのは寂しいものです。お疲れ様でした」

オープニング

「あ、どうもイトウです」前のディレクターさんのモノマネ
現在のディレクター(DのN氏)もあと2回でお別れ。
今回2人はKBS京都に来ている(此処数年は別のスタジオで録音していた)チュート。
京都駅からタクシーに乗った2人+辻井ちゃん。
辻「KBS京都ってどこかわかりますか?」
千枚漬けが食べたいですとリクエストしたら、スタッフさんが持ってきてくれた。
(千枚漬け試食中)ポリポリシャキシャキ
美味いなぁ!こんなに美味かったか?ってぐらい美味い千枚漬け。
葵祭という事でお団子をリクエストした徳井。
そろばんだんご?一番下だけ間隔のあるだんご
(だんご試食中)もちもち
KBS京都で働いている同級生は可愛らしさを今でも保っている。
留守電の話。
引越しをしようという事で荷造りをしていた徳井。
自宅にはAVがたくさんある。AV会社から送られてくる物も多数ある。
大阪に住んでいた頃、近所にAVショップがあったのもあり、かなりの本数。
何度も見ようというAVはそんなにない。
女優で買う人ならハズレはないが、手当たり次第で買うタイプの徳井は、その中でも精鋭部隊のみ残しておくことにした。
処分するにもちょっと恥ずかしい。でもキリがない。だからと言って捨てるAVでは抜けなかったものかというとそうでもない……という断腸の思い。
AVの供養が出来る神社があればいいのに。
福田の捨てられないものは情報誌。
新居に引っ越してもまたAVは買い続けるのだろうか。
同じジャンルのものばかり求めてしまう福田。
福「エロDVDを買ったことないねん。エロ本も購入したことが無い。借りてたから」
徳「なんで買わへんの?オマエ想像力が無いねん」
福「一人でやるときも想像して、てことがなかったもん」
だから性欲もわかないのかもしれない。
福「おば様系の棚どんどん増えてない?で、結構レンタルされてたりするやん、(趣味の幅が)増えてんのかな」
単純に面白い作品もあるけれど、そちらに行き過ぎてエロさが損なわれてしまうのではないか。というのもあって、あまりそういうものに手が伸びない。
徳井の最新の研究発表。
『企画的に面白いAVはエロい』
スベってるのはエロくないし、面白いものはエロい。
面白い企画を立てられる監督は、エロい作品を作ることが出来る。
最近、素敵なテレビを購入した徳井。
テレビは家電の花形である。流石の自分でも迷ってしまう。
パイオニアのKUROという機種(http://pioneer.jp/pdp/)を購入した徳井


週刊リアル情報局

→初田悦子さん(http://hatsutaetsuko.com/)の歌声に感動しました

福田が感動したハツダさんの歌声。
Youtubeで新曲を探した徳井。
歌がうまいとモテるらしい。
女子とカラオケに行く?
仕事の打ち合わせなどを除けば1年ぐらい行っていない徳井。
誰の歌なのか分からないからのり切れない。


→好きになった芸能人が夢に出てくることがよくあります。

福「好きな人が夢に出てきたらええよなぁ」
すごく暗がりで肩を叩かれ、振り向くとピストルで撃ち抜かれた夢を見た福田
徳「稀に良いなと思うタレントさんが出てくるなぁ。こないだアメトークで喋っててんけど、それの2,3日前に見た夢なんやけど、夢の中でだけ居る架空のアイドル(キリシマ・ユウさん)とヘキサゴンメンバーになって、それ、沖縄SPの回やってん。ビーチでロケしててん。
中心からちょっと離れているところで徳井とキリシマ。
そのキリシマユウが、徳井の耳元で「エッチしよ」と囁いてくるねん。
そんで、実は「アカンよ」って言いながらキリシマユウの下半身をちょっと触っててん」
Bまでいって、仕事が終わってからしよってなったところで目覚めた徳井。
福「かわいらしいアイドルとデートする夢見たいなぁ」
最近、エロい事がしたくなった福田
徳「マジか!マジで!?どうしたん」
福田だけちょっと時間があったりする日が出来て、心に余裕が出来たのか、街へ出てみると、可愛い女の子に目が行ってしまうようになった。
福田の性欲復活祭。
福田がエッチしましたよ記念とかしましょう


→異性とすることで苦手なこと

正面で向かい合わせて食事をすることが苦手なリスナーさん。
徳「心理学的にもそのほうがリラックスして喋ることができるらしいよ」
相手の方を見たくないって時に目をそらしてしまうと、相手に悪く思われそうで怖い。
向かい合わせだと、相手の起こしたミスをモロに見てしまうという事もあって苦手。
なんでもにおいを嗅ぐ人は苦手。
くんかくんかはダメ。
パンなどを手にとって「あ~、イイ香り」っていうのはOK。
ダラダラ食べる人もキライ。
酒飲みの女性が苦手な福田。
同じ系列のものばかり注文する人も苦手。バランスよく注文して欲しい。
長らく女性とデートしていない福田。何処へ行けばいいのか分からない。
ベタに映画とかドライブでいいのでは?
徳「そんなことしかないもん、大人って」
福田の理想デートは競馬に行くこと。
しかし、競馬に慣れていない。デートが既にギャンブル。
自分のよくわからないものに対して一緒に楽しめる相手なら、良いデートが出来るかもしれない。
家でごはんを作ってあげるというのもおとなのでーとならではになるのではないでしょうか。


わくわく風雲徳井城

今回のテーマは『徳井川くだり』について

『流れが急になポイントで船頭さんがアイ・オブ・ザ・タイガーを口ずさむ』

『女の子の「(しぶきで)濡れちゃった」という声だけで船頭さんが興奮する』

『徳井川くだりの船はズゴック』
アッガイもズゴックも水陸両用。
ズゴック談義を繰り広げるチュート

『川上からたびたび人が流れてくるが、船頭さんは一切その事に触れない』

『大まかな流れが、USJのジョーズと被っている』
こういうアトラクションでデートするときって、テンションの張り方が難しい。

『徳井川くだりと銘打っているが、城下町からかなり離れており、川くだり協会の人が糖衣錠へ抗議に殺到している』

『びわ湖からできた川なので、ブラックバスやブルーギルがガンガン泳いでいる』

今回の採用案は『徳井川くだりと銘打っているが、城下町からかなり離れており、川くだり協会の人が糖衣錠へ抗議に殺到している』に決定
次回は『徳井ホテル』について


エンディング川柳

『2年前 なくした物が 出てきたよ』


ネタジングル

  • え、うまい棒にこんな味が!?想像を絶するうまい棒の新しい味とは? → お袋味
  • アメトークプレゼン大会で、鳥居みゆきが持ち込んだ意外なタイトルとは? → エコ芸人
  • 日本にやってきた外国人が最初に覚えた日本語は「お寿司」。では300番目に覚えた言葉とは? → 「手巻き」
  • サザエさんのカツオくんには誰にも言えない秘密がある。その秘密とは? → へそくりを使って、FXで大負けした



5月16日放送

福「そういうモンなんでしょうか」

オープニング

「すぉーささーぁーす」小林旭さんのモノマネ
昼に時間があった福田。時間つぶしに自宅で料理番組(録り溜めしていたもの)を見ることにした。
福「(色々と番組を録画していたが)俺、料理番組多いなぁ~思って」
徳「料理番組なんて録ることがないからなぁ」
作り方を知らないものを見たい、バラエティ感覚の料理番組は受け付けない。
極端な所、料理を作っているだけの番組(料理大学)が好き。
料理の先生は知名度がある方が良い。
ひき肉がテーマの回を見ていた福田。
ひき肉は安価で大量に売っているものが多い。(一人暮らしでは中々使い切れないので)どうするか。
ひき肉は一度火に通して、使わない分は冷凍庫に保存しておくと長持ちする。
「まずはオムレツを作りましょう」
「最後にミートローフ(ハンバーグのようなもの)をつくりましょう」
一度火に通しているひき肉を、どうやってつなぎになるのだろう、と気になってワクワクした福田。
CM明け
「さぁ、この炒めたひき肉に、生のひき肉を混ぜましょう」
福「エェッ!?てなって」
半分炒めたひき肉を使うことによって労力が半分になるらしい。が、福田はミートローフ自体を作ったことが無いので、どれぐらい労力を使うのか基準がわからない…。
あまりにも謎だらけだったミートローフ作りの工程。
ゴリ(押し)ってる。
東京MXTVはガン攻め。メチャメチャ面白い番組が多い。


週刊リアル情報局

→14歳にして白髪の量がハンパないです。

哲夫(笑い飯)は若い頃から白髪が多かった。
徳「染めるほどの量やったら染めた方がいいかも知れないですけど。俺は切ってるからなぁ」
染める方が楽かもしれない。
福「苦労があると白髪が増えるっていうけど、どうなんやろなぁ」
徳「気持ちと繋がってるんちゃう?」
腹毛が真っ白だった福田。
徳「陰毛に白髪があるとショックやけどな」
まだ陰毛にはないチュート。
先日白髪を切ってもらったところ、結構な量になっていた徳井。
白髪は染める時にムッチャ色が入る(ブリーチ要らず)。
ブリーチをするときの頭皮の痛みはたまらないほど苦痛。
色の染まりはいいが、それもまたすぐに落ちる。
月に1度ぐらいは美容院に通っていた福田。
徳「ようやってたなぁ」
福「カネも時間も無い時にようやってたわ」
その当時は茶髪ブームだった気がする。
こっすーは茶髪とヘアスプレーで頭皮に多大なるダメージを与えていたのだろう。
白髪染めはまだ簡単に出来るので、気になるなら染めてみよう。


→甘い卵焼きを食べたことありますか?

おばあちゃんが作ると甘かった徳井家の卵焼き
東京のお店で出汁巻き卵を頼んだとき、甘い卵焼きでビックリした福田。
出汁巻きじゃなくて、卵焼きと表記して欲しい。
関東の黒い出汁のうどんも理解できない。
銀座のカツカレー発祥の地であるお店・スイス。
カレーのお肉がひき肉なので、惜しいと思う徳井。
カレーはお肉を入れるなら薄切りのお肉(ブロックだと差がでるのでダメ)
カレーのお肉は牛肉以外だとあまり受け付けない。
シーフードに至っては理解不能。誰が好んで食べているのだろう。
もし結婚して、配偶者が「今晩カレー作るわ」と言って、シーフードカレーを食卓に出してきたら「おまえのカレーの概念ってコレ?」と問い質してしまうと思う福田。
出身地が違う結婚相手の場合、お雑煮はどちらに合わせるべきか。
自分の出身地や好みに合わせて欲しい徳井。
カレーはドロドロorシャバシャバ。
徳「スープカレーってナニが美味いねん!」
福「俺、結構好きなんやけどなぁ。カレーライスとして捉えるのは違うけど、スープの一種としてならイケる」
“カレー風味”というのがいけ好かない徳井。
カレー風味じゃなくて、ガッツリとカレー味にしてほしい。


→一番好きな仕事ってなんですか?

福「一番苦手なものが分かった。取材、ムチャクチャ嫌や。写真。カメラマンの指示」
徳「バラエティ番組やな(好きな仕事)、純粋なバラエティであればあるほど良い」
雑誌の取材が嫌いな芸人は結構多い。
記者の人ってどうしてあんなにも非協力的なんだろう。
振るだけ振って、あとは一切何もしてこない。
芸人慣れしている記者さんであれば、上手く拾ってくれるが、専門外の人にそれを求めるのは難しい話なのかも。
徳「基本的に芸人だけの番組が良いねん。この姉ちゃん(のリアクション等など)要る?ってのあるわ」
果たしてこの女の子の居る必要性ってなんなんだろう。バランス性とか突き詰めたら「要らんのちゃう、かなぁ……」って思う。
深夜の番組で水着の女の子が居るとか、その子自体がムチャクチャ面白いとかそういうのがあるなら、必要性はあるだろう。


わくわく風雲徳井城

今回は『銭湯』について

『ダチョウ倶楽部プロデュースの「押すなよ押すなよ熱湯風呂」がある』

『どういうわけか、入浴料はユーロで払わなければならない』

『お客さんが来てからやっと浴槽に湯を張る』

『見たことも無いような粘り気のあるシャンプーがある』

『うどんの出汁湯、そばつゆ湯、天下一品のスープ湯など、美味しそうな湯がある』

『男湯・女湯だけでなく、はるな愛さん的な人が入れる ゆー湯ねぇ がある』

『実は、琵琶湖そのものが徳井湯なのである』

今回の採用案は
『ダチョウ倶楽部プロデュースの「押すなよ押すなよ熱湯風呂」がある』に決定!!
次回のテーマは『徳井川くだり』について


エンディング川柳

『好きなもの イコールカロリー 高いもの』


ネタジングル

  • 天才マジシャンがとんでもない物を取り出して、客をドン引きさせた。何を出した? → 生レバー
  • あれ、何でこんな所にくにお師匠が?何処に居た? → ユナイテッドアローズ
  • リングの貞子がテレビから這い出てくる時、小声で何か言っている。何と言っている? → もう、立てんねんけどなぁ……
  • タラちゃんがサザエさんに絶対言わないこととは? → もう、俺に構わないでくれ



5月9日放送

徳「いやー、あるとこにあるもんですな」

オープニング

「この後は、女子棒高跳び」織田裕二のモノマネ
留守電の話。
数回ほど行ったことがある中古車店にずっと本を借りていた徳井。やっと返しに行き、店員さんと喋っていた。
最近めっきりクルマが売れない。
「ボルボの850をむしろ貰ってくれ」とまで言ってくるらしい。
不況不況と言ってもお金を持っている人は持っている。一番のお得意さんはずば抜けてお金持ちらしい。
別荘を買うたびにそれ用の車を買ったりするらしい。
先日そのお客さんから電話が掛かってきて、「今、フランク・ミューラーとメシ食ってるんで、限定の時計を売ってくれるらしいから、もし時計に興味があるんなら先に買っておこうか?」と言ってきた。
ちなみにその時計の値段は1億2000万円。
銀座の街をブラブラしていると、携帯電話の新しいブランドのショップが。
入ってみて値段を見てみると、なんと一番高いものは600万円。
「Vertu」(http://www.vertu.com/jp/
機能としては微妙に高性能ってぐらいで、ぱっと見はわかりにくいが、素材が金とかプラチナとか高価なものを使用しているので値段が張るようだ。
やっとバイクを引き取りに行った福田。バイク屋へいってみるとすごいカスタムをしている格好良いバイクがあったので、店員さんに話しかけてみると「もう売れたんです」
なんとバイクに400万円。
しかし本当にお金を持っている人は、ぱっと見は分からないが、知る人が見ればとても輝いている(こだわりのある)バイクにカスタムするらしい。
お金を持っている人はどんどんお金を使っていくべきです。
福「俺らちまちまお金貯めてるけどさ、結婚もせんで家族もおらんかったら、最後どうしたらいいん?」
徳「寄付しかないよなぁ。あとは兄弟の子どもとか」
財産って何なんでしょう。
友人とちょっと良いものを食べに行こうとなった徳井。
高級な鍋を食いに行こうとぶらぶらしていたら、たまたま目に入ったカツカレーが非常に美味しそうに見えてそれを食べた徳井。


週刊リアル情報局

→やっとエッチの良さを知り始めたのに、だんなの性欲が減退してきているので、どうしたらよいでしょうか。

福「セックスレスは非常に多いらしいですからね」
徳「32歳28歳やったらべつに十分出来る年齢やと思うんですけど、奥さんのことをお母さんという目線で見てはるのかもしれませんね」
男が萎えるのって女性にとってものすごくヘコむ要素らしい。
徳「正直、不可能やと思うけどな。総合するとムリですね、残酷ですけど。何をやっても焼け石に水かもしれませんね」
照明や服をかえるより、いっそ変態的なプレイにかけてみるしかない。
変態の扉は好き嫌いがあるから、それもそれで難しい。
徳「ネックになっているのは、“子どもが出来るまでは苦痛でしょうがなかったが、出産してからイイかもと思えるようになった”ってあるでしょ?
そういう事は、コレまでふたりは良いエッチをしてなかったんだと思うんですよ」
リスナーさんは旦那さんが始めての相手なので、相性がいいとか上手い下手が判断できない。
だからといって浮気をするなんていうのは良くないだろうし、罪悪感とか。
「ヤらなあかんな…」、じゃなくて「ヤりたい!」にならないと始まらない。燃え上がらない。
長らくセックスをしていない福田。
緊張をほぐすためにお酒を飲んで酔うと全然イけない福田。
努力しているところを悟られないように頑張って下さい。


→教習所に通っています。教官に「アナタの運転する車にはゼッタイ乗りたくない」と言われてしまいました。お二人は運転が上手ですか?

それは事故を起こしてしまってからでは遅いですよ、という戒めのために言ってくれる優しさだと思う。
最近、危険運転をする女性ドライバーが多い。
よく免許取ったなと思えるようなおぼつかなさ。
普段は凄く気の利く女の子なのだが、車道のど真ん中に停めちゃう友人がいる福田。
一切指示器を出さないクルマ(ドライバー)もいる。
過去に巻き込まれたことがある福田。
「わかってくれはるかなぁと思って」ちゃうでしょ。何のための指示器なんですか。
急に角を曲がったりする人も危ない。「あ、ここやった!」と指示も出さずに無理矢理曲がるんじゃなくて、一度スルーして戻ってくれ。
タクシーの運転手さんも、客が支持した場所どおりに停めるんじゃなくて、ちょっと離れてもいいから安全な場所に停めてほしい。
相変わらず東京のタクシーと相性が悪い福田。
危ない奴には本当に不合格にしたほうがいい。


徳井総理と呼ばないで

「大都市圏への一般車両の進入を有料にする」に対する世論

『反論します。本法案はたくさんの支持を得ることだろう。社用車ナンバーのクルマが増え、本来の目的である排気ガスの問題を克服できないように思う云々(すみません省略します)』

『今でもクルマ関連の業界は冷え切っているのに、この法案が成立していしまうと、さらに派遣切りなどがひどくなってしまうと思う』

『賛成です。真剣に検討して欲しいです。逆に、公共の交通機関の運賃を下げて欲しいです』

『よそから来たドライバーが危険運転をする可能性があるので、大賛成です』

『環境的メリットより経済的でメリットの方が大きいと思うので反対です。それならば深夜0時以降の電力を医療機関などを除き強制的にカットにするほうが』

なんと今回でこのコーナーは終了。
『みんなはじめはバージンだった』がはじまります。
初めての○○(○の部分は何でもOK)エピソードを送って下さい。


エンディング川柳

『ああ眠い 春はうとうと 眠り姫』

最後の最後で噎せる福田。


ネタジングル

  • 「こいつもしかしたら、殺し屋ちゃうか?」どうしてそう思った? → 殺し屋Tシャツを着ている
  • 冷蔵庫を整理していると「こんなもん入れたか?」というものが出てきた。一体何? → ハイパーオリンピックのコントローラー
  • ドラえもんのび太には言ってはいけない事を言ってしまった。どんな事? → 今度から、お願い事聞くたびに、お金欲しいんだけど……
  • 頑固オヤジがいるラーメン屋で絶対にやっては行けない事とは? → オヤジの頑固さを弄る



5月2日放送

福「いや~ぁ、ねぇ……困りますよねぇ」

オープニング

「………ニャーオ」ネコのモノマネ
徳「本番直前にあなたと喋ってて、モノマネすることを忘れてて……。俺は追い込まれるとネコのモノマネをするんやと思いましたね」
発情期のネコは何故赤ちゃんのような声をするのか。
メスネコの性器にトゲが刺さっているらしく、オスがその痛みで声を上げている、らしい??(ケンコバ談)
福「騙されたんか、上手い具合に」
徳「ウソなんちゃうん?」
コバさんはウソか本島化の判断がややこしい。
留守電のはなし。髪形について。
大阪時代はなじみの美容師さんが居たので、その人にお任せで切っていたのが、東京に移ってからどうしようかなぁと悩むことが多くなった。
最近はメイクさんに切ってもらったり、飛び込みで美容院へ行ったり。
ハリセンボンの春菜に「いいお店紹介しましょうか」と言われるけど、いまひとつその気が無い。
予約してももしかすると仕事が長引いたりで行けなかったりするかも……という不安があるらしい。
様々な問題を抱えている福田の髪。
先日も飛び込みで入った福田。芸能人だと気付かれてわざわざお店の人がオーナーに代わってくれた。
それが逆に面倒で困る。
美容師さんとの会話はどうしていいのかわからない。
質問されても雑誌の取材を受けているような気分になる。一見さんばかりだから同じような会話ばかり。
徳「(1つのお店に)決めればええやん。一回行って、次またこのお店行こうとかならへんの?」
福「予定を立てるのが出来へん性格でな、現場の近所で済ませたいってのがあって。どうしてんの、髪」
徳「イトウさん(メイクさん)。お店があるから」
先日行った麻布の所はシャンプーがムチャクチャ気持ちよかった。マッサージみたいで凄くよかったらしい。
東京は8000円位したけど、その価値はある。
徳「もうそこ決めたらええやん。麻布やったらTBSでもテレ朝でも近いし」
福「そうやなぁ、そうするわ」


週刊リアル情報局

→福田さんのお父さんのエピソードはあまり聞きませんがどうだったんですか?

福「俺の親父は、ちっちゃいなぁ、そんで公務員で」
似ているのは酒飲みな所。一度倒れたがまた飲んでいるらしい。タバコもよく吸う。
土日は昼間からお酒を飲んでいた福田父。
福「優しかったと思うわ」
徳「あんまり怒られたとか聞いたことないもんなぁ」
母親からもあんまり怒られなかった福田。
発言は母親にソックリな福田。
オカンのそんな聞きたくなかったという言葉を聞いてきた福田。
一度だけ父親に怒られたことがある福田。
夕食時に母親と口論になり、「うっさいわババア!」と言葉を吐き捨て自室に行ったら、父親が首根っこ掴んで「お母さんにババアって言うな!」と怒られた。
おばあちゃんに「ババア」と言って、庭の木にくくりつけられたことがある徳井。
徳「オマエが父親の話をするのって新鮮やな。親父っていうよりサニーにエピソードが多いからな」
福「親父はサニーをこよなく愛してたからな。サニーからサニーへ変えたり」
ある時、友人とバイクの話をしていたら親父が現れて、家のサニーが置いてある方をチラチラ見てきた(自慢したかったらしい)。
芸人になると言った時は猛反対だった福田父。今では母曰く認めてくれているらしい。
基本はNHKばかりで、時々息子(福田)の出演番組を見ているらしい。
徳「バラエティを見てないでバラエティ特有の映像の作りとかノリってわからんのちゃう?」
福「まぁなぁ」
ある日、母から兄の部屋に呼び出された福田。何か深刻なことがあるかと思いきや、父親が岡山に単身赴任することにという報告だった。
単身赴任でありながらも、毎週休みの日にはサニーに乗って帰ってきたくれていた。
小3の頃、鯛の口にワサビを詰めて「タイ、辛くて泣いたりせぇへんかなぁw」と無邪気な姿を見せてくれた福田父。
オカンのほうが破天荒。
酔ったら毎回山城新吾にタックル(ラグビーをやっていた)をかましたという自慢をしてくる。

→RPGはレベルをコツコツためるタイプですか、先先進んでいくタイプですか?

徳「その時相応のレベルで進んでいきたい。コッチが強すぎたらちょっとキツイやん」
福「俺はレベルをバシバシ上げて、石橋を叩いて進むタイプ。でもそのステージの中ボスを倒す時の達成感が無いな。その時は寂しく感じるな」
クリアした後にレベルをガンガン上げていく人の心理が分からないチュート。
徳「Lv.60くらいになって、お金も結構持ってるやん、それから最初の頃の村へ行ってその時は買えなかった武器を見て「あぁ、俺強くなったなぁ」って思うのが好きw」
福「母校へ帰った気分やw」
FFよりドラクエ派のチュート。
バガボンドの人のX-BOX360のゲーム(ロストオデッセイ)が面白そう。
(公式サイト:http://lostodyssey.jp/
徳「世代を超えての感激があるからメッチャ面白いし、泣ける」
ときメモのガールズサイドが流行ってるらしい。
昔のゲームの復刻版をプレイする徳井。
野球ゲームはかなりリアル志向になっている。
徳「パワプロより俺はリアルなプロ野球スピリッツが好きで」
ゲームはムチャクチャ進化していてる。
初期のファミコンのスーパーマリオブラザーズもムチャクチャ面白い。
ファミコンを生みだした任天堂って素晴らしい。
花札の会社が家庭用ゲーム機の世界に参入……
プロジェクトX的な番組でファミコンが出来るまでの特集をして欲しい。
歴代ゲームのハード
ファミコン→ディスクシステム→SFC→PCエンジン
ファミコン→メガドライブの徳井
メガドライブは画像が一番良かった。
福「人生で一番テンション上がったのはドラクエ3やわ」
もうこれ以上画質が上がることは無い?
福「オンライン対戦とかあんまり興味ないねんな。こないだマンガ喫茶行って、パソコンしてる人がチラッと見えるのな。戦争のゲームしてる人ら(知らない人同士)が居って。なんか凄く怖く感じてん」
徳「今の戦争ゲームむっちゃ凄いからな。家で5.1chでそのゲームやったらムッチャ怖い」
最近の残虐な事件が発生することについて、ゲーム脳は否定できない気もする福田
徳「でも、こんな残虐なことってゲームでしか出来へんなって思って、現実ではやらんかも」


奴はとんでもないry

『喜びの量は変わらない、感じ方の量が変わるだけ』
『どんなことがあっても、女好きは変わらない。春だね』吉井和哉
人間は突き詰めていくと名声と女しか残らない気がする。
その名声も女にもてたいためなのかもしれないし。
お金が無くても気ままに暮らせてる人は格好いいと感じる。

『抱けそうな女は全部抱け』リスナー行きつけの居酒屋の店主
後のことが面倒くさくて抱かないってのはアカン。
さいていかもしれないけど、自分も反省する。若さゆえの過ち。

『中学生ぐらいの男の子は下半身で恋をする。それが年齢と共に上に行き、心で人を好きになるのが20代後半。逆に女の子は、頭で恋をしていたのが、徐々に心に向かって下りていく。男女とも、心で人を好きになれる時が適齢期と言われる20代後半なのかな。僕はそこを過ぎ、すでに頭で考えるようになっちゃってるから(結婚が)難しいのかも』SMAP中居


『そんなクサイならにおい嗅ぐな、お前ら変態か!』魚のにおいをかいで文句をいう子どもに対する魚屋さん

今回の徳井フェイバリットは
『そんなクサイならにおい嗅ぐな、お前ら変態か!』に決定。


エンディング川柳

『広告の 裏にサインを 書く練習』


ネタジングル

  • ドラえもんが出した、とんでもない道具とは? → にせ札製造機
  • こんな高校球児はイヤだ。どんな球児? → FXでむちゃくちゃ儲けている
  • 高校野球の試合でピッチャーに無意味な伝達が送られた。どんな? → 円広志観に来てるぞ!
  • 焼肉屋に有り得ないサイドメニューが。それは何? → バウムクーヘン