omunis via -c- univa, Yer sis tis giris peg ars
    万象は生まれ、私は王と誇りへたどり着く

   O sia Sophia, Yem ele dia quo ririsia tis
    それでもなお、約束の丘へと私は歩く

   ufe lef winclie da tis raqie huda Yer she eme getie hyne U powe
    苔むした泉に七色の葉はこぼれ その小さな音色があなたを彩る贈り物

   YeR et dia balie tis, fert ele sm thes, neckt ele
    沢山の道を歩いてきた 振り返っても思い出せないくらい多くの道

   mihhiy xedia, arma-c-dowa tis
    何度も転んで、道に迷って、うつむいて

   Lu vilis Ea tis, De kiss Ea lue, ende
    自らの道を知り 自らの鼓動を確かめ

   En Zec pheno tis clar lu hem Eec shez,
    わたしの名前とわたしの歌が、あなたの翼にそっと触れ

   tis ele qusi Gillisu peg mici dremren
    その道、いまは永劫の子らへ託すことを

   O la Laspha, arsicie Wem lihit zo evoia Yem tis
    傷つきし我が戈に託し、そなたの道を是とする

   bekwist Yem tis olfey besti Gillsuvesher
    もはや そなたの道を縛めるものは、そこに無い

   ― Sera, De Sez ris tis noe Uls ria Ec
    ―あの日の庭へ、誰より先に迎えに行きます

   Sew ele dia xeines wat was Isis tis, -Ye-emne xeines elen
    かぎりなき道を素足で歩く 夜明けの風にこの身を委ねて

   hiz elis yehle elmei lue, noi laphia elmei ole tis.
    全ての夢の行きつく場所で、全ての音色を結んだ者よ

   mehnes nelar, Ee toga-s-sia vea clar = C nelves zahl tis kyel Sophit
    今ここに、 集い讃えて 歌いふるえる鼓動 天音に来たれ

   Ris sia sophia, shel evoia steras tis lef ilis
    願いよ 幾千もの希望の道となれ

   hiz elis ehle elmei tis, noi laphia elmei shel
    全ての道のいきつく場所で、 全ての願いを結んだ者よ

   neoles xin cia tis kyel corn
    夢見る時間は終わりを告げて

   ele tis-sek paravel clar noi wi lef limei omia
    大いなる扉のその前で 無くした鍵を探し続ける
最終更新:2014年02月28日 22:45