Kyel olte lef xeo, van meh lement valen leya
    一欠片の祈りは 夜の真極へ遥かに残響(とどき)

   elmei xaln was teo uc xeoi clar, O soa valen lef karel
    全ての扉に夜色の鐘を 歌う世界の祈りよ響け

   meh -l- ralphei deige, writh lef orb, U virse fisa valen lef nucs
    一会の銀城 誓の宴 見果てぬ祈りを詩人が歌う

   clar dackt, mihas r-madel, elmei valen lihit vel yulis
    歌潰え、絆は絶たれ、祈りの一切空虚を望み

   O iden Sec virse, ria elmei valen
    沈めよ我が詩 全て一切の祈りのために

   Ris sia sophia, De elmei nett, yehle valen steras tury Kyel-fes
    願わくば全ての詠よ、幾多恵の祈りを結べいつの日か

   ― Ris sia sophia, De elmei lue, miqvy haul arsic valen mis-la
    ―願わくば全ての音よ、今こそ傷ついた祈りを灯せ どこまでも

   ― riris ele. meh ole tes valen, ende elmei corn mille noi hiz Uls
    ―約束はここにある。一つの夢と一つの祈り、一つの始まりがそこから生まれ

   evhes valen, deus Uhw leya quo feo
    奏でる祈り、誰へと届く

   Yu/ Se = C clar fears valen r-miel noi I
    世界に祈り満ちる時、わたしは歌う

   clar dackt, mihas / x-madel, elmei valen lihit ti-o-yulis
    歌潰え、絆は絶たれ、祈りの一切空虚を望み

   Oe/ iden Xe virse, ria elmei valen
    沈めよ我が時 全て一切の祈りのために

   valen, yahe, clar, kamyu──
    祈り、言葉、歌、記憶――
最終更新:2013年04月24日 20:17