quo roo, quo vei roo, dis fears jes nett sis opha kei lef xearc
    遠く 遥く どこまでも その詠は透きとおる雫に沁みていく

   bie evhe Is, yum edel noi xearc huda
    それは世界を巡り 透きとおる泉の中へ沁みていく

   meh getie lishe, meh elfa evhe, Ahw edel noi xearc ruy linsy
    一つの小さな愛、一つの懐かしき旋律が透きとおった空へそっと沁みて
最終更新:2013年04月25日 00:39