O univa sm thes hypne
    微睡(ゆりかご)の中へお帰りなさい

   omunis via-c-univa, Yer sis tera peg ezis, eza
    万象は転じ、わたしは塵と埃に流れゆく

   omunis via -c- univa, Yer sis tis giris peg ars
    万象は生まれ、私は王と誇りへたどり着く

   yupa jes loar sis neckt univa -o- sis defea quo somel mihhya
    もはや帰ることのない風は 遥かなる彼方へと消えていく

   ole shan ilis, peg loar, peg kei, Hir et Univa sm hid
    夢も望みも、全て遥か過去(うしろ)に捨ててきた
最終更新:2013年05月31日 16:02