meh keof os da hutia gluei lue Hir sis celena Loo lins
    一片の優しさは 涼やかな音色に運ばれて そっとあなたを祝うでしょう

   bekwist, Uhw kis meh elvine-l-xeoi kei fert sink I
    それは世界を濡らす 素敵な夜の一雫なのだから

   Kyel olte lef xeo, van meh lement valen leya
    一欠片の祈りは 夜の真極へ遥かに残響(とどき)

   meh riris yehle kei lef xeo feo ele-shiole copha sm hynei teles
    一粒の誓いは真夜の雫と結び 旋律の流れに凍みて

   meh luei clar fo Loo
    一鍵の音色をあなたのために

   meh -l- ralphei deige, writh lef orb, U virse fisa valen lef nucs
    一会の銀城 誓の宴 見果てぬ祈りを詩人が歌う

   meh getie memori, meh muzel hyne, opha sm EgunI lins
    空白(からっぽ)の地に注がれた一欠片の愛しみは 今でもわたしの宝物

   meh getie lishe, meh mutis evhe, Ahw edel noi EgunI linsy
    一つの小さな愛、一つのまばゆい旋律が空っぽの世界へそっと沁みて

   ― Deris bie eche kis meh warbis-l-xeoi ymy sink I
    ―それは世界を濡らす ゆらめく夜の口づけだから

   meh getie lishe, meh elfa evhe, Ahw edel noi xearc ruy linsy
    一つの小さな愛、一つの懐かしき旋律が透きとおった空へそっと沁みて

   ― riris ele. meh ole tes valen, ende elmei corn mille noi hiz Uls
    ―約束はここにある。一つの夢と一つの祈り、一つの始まりがそこから生まれ

   Se, Deris ilmei meh sophia kis, hec phias-di-xephias, fary towle-l-getie lish
    きっと一つ一つの出会いそのものが、必然でも偶然でもない、とても儚い小さな奇跡なのだから
最終更新:2013年06月04日 17:04