bie evhe shaz lef elen, yuks lef zarabel
    その旋律は、心の紡ぎ、涙の調べ

   eis evhe kis eyen lash
    あの日の旋律は飛沫のように

   bie evhe Is, yum edel noi xearc huda
    それは世界を巡り 透きとおる泉の中へ沁みていく

   noi venesis xin, ilmei Zelah evhe ele peqqy
    孵るべき時の中 大いなる母の旋律が共にある

   meh getie lishe, meh mutis evhe, Ahw edel noi EgunI linsy
    一つの小さな愛、一つのまばゆい旋律が空っぽの世界へそっと沁みて

   meh getie lishe, meh elfa evhe, Ahw edel noi xearc ruy linsy
    一つの小さな愛、一つの懐かしき旋律が透きとおった空へそっと沁みて

   steras yahe, steris evhe yum yulis fel Sec nuel, nevaliss
    数多の言葉、数多の旋律がわたしの内から消えていくでしょう、けれど

   uc lotas tes elfa evhe, shie-la En meitis Ses xeo lef xeo
    その切なく懐かしい旋律で、始まりの時を伝えてください

   ― van hiz lotas tes elfa evhe, neo metis roos-l-Ec phia
    ―その切なく懐かしい旋律だけが、遠いあなたの場所を教えてくれる

   omia lef nefis riris et tel alt, ilmei missis evhe ele peqqy
    開かれた新約の扉に鍵はなく 大いなる少女の旋律が共にある
最終更新:2013年03月31日 14:22