全能の壁上に関しては 『全能範囲勝負』と『スペック勝負』の順位を複合してランキングを決める

全能壁上スペック勝負に関して
【攻撃に関して】
1.基本的に全能キャラに可能なことは作中で行ったところまで
(作中で何もやったことのないキャラは大きさ相応のスペックしかない)

2.全能殺しキャラに関しては全能に効いた種類の攻撃のみ有効
(こういう案も出てたけどどうするかは要議論)
例:全能を殺したことがあり、作中で精神攻撃なども行っているが
精神攻撃が全能に効いた描写がないので
精神攻撃は全能壁上スペック議論では使えない

【防御に関して】
1..全能防御(全能無効)は全能壁上なのでついていて当たり前
問題なのは全能(または全能殺し)の攻撃をくらってどの程度のダメージをくらったのか
不明の場合は大きさ相応
また、特殊攻撃に関しても描写がなければ耐性はないものとする
(作中で世界改変に耐えていない場合は全能無効キャラでも普通の世界改変が効く)

【素早さに関して】
1.設定全能は任意全能

2.時間無視キャラの行動は速さではなく手数で数える
移動>攻防
思考も一手と考える

【戦法に関して】
全能キャラでも戦法は必要
戦法が書いてない場合はぶっちゃけテンプレ不備じゃね?
敵スレだと特に無い場合は1.最速 2.最強 攻撃の優先順位で考察される。


【全能などの用語に関して】

用語
全能耐性:世界改変・因果律操作耐性
全能防御:全能による防御
全能無効:全能以下の攻撃が効かない
全能殺し:全能防御破り
全能超え:全能無効・全能殺し

■常時全能
全能と設定であるキャラはその作品の世界観の
範囲で時空間を超越してなんでもできるものとして扱う。
全能と明記されていなくとも時間無視等の時空間超越設定を持つ者は常時全能として扱う。
例:自由な世界改変(任意全能)+時間無視=常時全能

■任意全能
タイムラグ有でなんでも願いを叶えることが可能なキャラ全般を言う。
自由な世界改変、現実改変も願い系として同列に扱われる。
※明確な制約・制限があるものは作中準拠とする。

■全能の範囲
◎現実準拠の世界で全能=単一宇宙(宇宙一つ分)全能
◎無数の平行宇宙、無限にある宇宙において全能=多元宇宙(単一宇宙×無限)全能(1次多元)
◎上記の一次多元宇宙が更に無限個ある世界において全能=2次多元(多元宇宙×無限)全能
◎上記の2次多元の世界が更に無数に存在または
 それらを無数に内包する世界で全能=3次多元(2次多元×無限)全能 
※このように無限の宇宙の「階層」構造が増えるごとに次数があがり更に広い世界観として扱う

4次多元

5次多元

6次多元


◎上記のようなN次多元世界を無限個内包し、
  その内包の連鎖を無限に繰り返すような
  世界構造=無限次多元全能(1連無限次多元)

■全能無効及び全能殺し
○○全能無効(○○には範囲が入る 例1次多元全能)
○○以上の大きい範囲をもつ全能か全能殺しを持つもの以外の
攻撃は受け付けない、という能力を言う。

□□全能殺し(□□には範囲が入る)
□□以上の大きい範囲をもつ全能か全能殺しを持つもの以外を
倒せる能力を言う。

全能超え判定
全能キャラより強い、全能を超える存在等と設定や描写、常時全能に言われてるキャラ

全能殺し判定

常時全能存在にダメージを与えた、倒せる設定のキャラ


 常時全能がどうしようもない、勝て無い、全能を超える存在
 全能キャラより強い等と設定や描写、常時全能に言われてるキャラ
※常時全能と戦闘できるため時間無視も持つものとして扱う

全能無効判定

常時全能は全能防御を持つものとする。

常時全能がどうしようもない、勝て無い、全能を超える存在


 全能キャラより強い等と設定や描写、常時全能に言われてるキャラ
※常時全能と戦闘できるため時間無視も持つものとして扱う