D&D

《クリティカル強化》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《クリティカル強化》[一般]Improved Critical*

ロングソードやグレートアックスといった、1種類の武器を選ぶこと。君はその武器で手痛い一撃を与えるすべを心得ている。

前提条件:

その武器の《習熟》、基本攻撃ボーナス+8以上。

利益:

選んだ武器を使う時、君のクリティカル可能域は2倍となる。たとえば、ロングソードは通常、19~20(数値2つ)でクリティカル可能状態になる。ロングソードを使うキャラクターが《クリティカル強化:ロングソード》を持っているなら、クリティカル可能域は17~20(数値4つ)となる。

特殊:

君は《クリティカル強化》を複数回修得できる。効果は累積しない。1回修得するたびに、1種類の新しい武器に適用される。
この効果はクリティカル可能域を拡げる他のいかなる効果(キーン・エッジの呪文など)とも累積しない。
ファイターは《クリティカル強化》をファイター・ボーナス特技(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.48参照)として選択することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブック』p.90

最終更新:2013年11月12日 21:05